現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヤマハが2019年シーズン向けYZF-R1、R6レースベース車の受け付けを開始。発売は2019年3月1日から

ここから本文です
スポーツ 2018.10.12

ヤマハが2019年シーズン向けYZF-R1、R6レースベース車の受け付けを開始。発売は2019年3月1日から

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハ発動機は10月12日、ロードレース競技・サーキット走行専用モデルである『YZF-R1レースベース車』と『YZF-R6レースベース車』の予約受付を開始したことを発表した。発売は2019年3月1日となる。

 今回発売されるYZF-R1レースベース車は、ヤマハのスーパースポーツバイクであるYZF-R1の2019年モデルヨーロッパ仕様車をベースにサーキット走行用に配慮されたモデル。2019年モデルも引き続き、クラッチ操作なしでもシフトダウンが可能なクイック・シフト・システム(QSS)が搭載されている。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 一方、スーパースポーツバイクYZF-R6の2019年ヨーロッパ仕様車をベースとするYZF-R6は、トラクション・コントロール・システム(TCS)やクイック・シフト・システム(QSS)に加え、上記YZF-R1レースベース車と同型のフロントサスペンション、フロントブレーキなどが採用されている。

 メーカー希望小売価格は、YZF-R1レースベース車が210万6000円(税込み)でYZF-R6レースベース車が118万8000円(税込み)。カラーはどちらもマットダークグレーメタリック6となっている。

 サーキット仕様車ではあるが、フラッシャーやヘッドランプ、テールランプなど灯火類は装備された状態での出荷となる。また、購入特典として、サーキット走行専用部品の『ワイヤーハーネスセット』とF.I.マッチングソフトウエアを含む『ECU』がつく。なお、ナンバープレートの取得不可のため、道路の走行はできない。

 どちらも受注生産で、予約窓口は全国のヤマハオンロードコンペティションモデル正規取扱店となっている。

 予約受付期間は、第1次が2018年10月12日から10月31日まで。車両やキットパーツの納品は2019年3月1日より順次行われる。

 第2次は2018年11月1日から11月30日で、こちらの納品は2019年4月上旬より順次。なお、納期は目安であり、予約受付期間により納期が違うので注意が必要だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します