現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1、2017年のチーム予算は458億円(PU開発費含まず)! 新空力規則の開発費用で68億円増

ここから本文です
スポーツ 2018.10.11

メルセデスF1、2017年のチーム予算は458億円(PU開発費含まず)! 新空力規則の開発費用で68億円増

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスF1チームが2017年に費やした予算額が明らかになった。その額なんと3億970万ポンド。日本円で約458億円となっており、この中にはブリックスワースで行われているパワーユニット開発費用は含まれていないというから驚きだ。

 2017年はF1に新しい空力規則が導入された年であり、その研究開発のため、2016年よりも4590万ポンド(約68億円)多く予算が費やされた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ワールドチャンピオンという立場を維持するために、どれほど多くの予算が投じられているのかを物語る数字だが、親会社であるダイムラーが直接支払った額は約6000万ポンド(約89億円)に過ぎないという。

 F1の賞金やスポンサーシップ、ダイムラーからのマーケティング費用を含めた総収入は3億3720万ポンド(約492億円)と、約64億円増加しており、為替差益もその増加に寄与したようだ。メルセデスは、2012年と比べ収益が194%に増加したとしている。

 ダイムラーによるマーケティング費用は、2016年と2017年の合計で9080万ポンド(約134億円)となっている。各年でいくらかという公式データはないものの、2016年は3000万ポンド(約44億円)、2017年は6000万ポンドという割合になっていると考えられる。つまりダイムラーは、追加の開発費用として3000万ポンドを支払ったとみられているのだ。

 2016年、チームは一時的な納税により380万ポンド(約5億6千万円)の損失を計上したものの、2017年は1330万ポンド(約20億円)の利益をあげた。この数字はエンジン供給によって得た資金を含め、1990万ポンド(約29億円)をダイムラーに返済した上でのものだ。

 2017年のブラックリーにある拠点の人員数は平均912人で、前年の849人から増加。賃金上昇分は390万ポンド(約5億7700万円)となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Filip Cleeren)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します