現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WTCR第8戦:中国武漢戦はドイツ勢が制圧。アウディは表彰台独占、ヒュンダイは性能調整に苦しむ

ここから本文です
スポーツ 2018.10.9

WTCR第8戦:中国武漢戦はドイツ勢が制圧。アウディは表彰台独占、ヒュンダイは性能調整に苦しむ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WTCR世界ツーリングカー・カップは10月5~7日、中国・武漢のストリートコースで第8ラウンドが行われ、レース1をジャン-カール・ベルネイ(アウディRS3 LMS)が、レース2をメディ・ベナーニ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)が、レース3をゴードン・シェドン(アウディRS3 LMS)が制した。

 中国連戦を迎えているWTCRの第8ラウンドは、中国国内のツーリングカー選手権も開催される武漢インターナショナル・ストリート・トラックを舞台に争われた。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 6日に行われたレース1をポールポジションからスタートしたベルネイは「スタートをしっかり決めることに集中していた」と言うとおり、ポジションを守ったまま1コーナーを通過。後方にはペペ・オリオラ(セアト・クプラTCR)、7番手からジャンプアップを果たしたヤン・アーチャー(ホンダ・シビック・タイプR TCR)などが続いていく。

 レースは4周目、後方でバトルを繰り広げていたトム・コロネル(ホンダ・シビック・タイプR TCR)とファブリツィオ・ジョバナルディ(アルファロメオ・ジュリエッタTCR)の接触によりセーフティカーが導入される。

 セーフティカー導入から3周後の7周目にレースが再開されると、ここでもトップのベルネイとオリオラが抜け出すが、オリオラは徐々に引き離されていき、ベルネイが独走体勢に。

 結局、ベルネイは4.913秒のリードを築いてトップチェッカー。2位にオリオラ、3位にはアーチャーを交わしたシェドンが食い込んだ。4位にはアーチャーが入ったものの、レース後にジャンプスタートのペナルティを受け30秒のタイム加算。18位までポジションを落としている。



■レース2は最終周にドラマ。レース3は接触頻発の優勝争いに
 翌7日にはノックアウト方式の予選とレース2、レース3が行われた。予選ではシェドン・フレデリック・バービッシュ(アウディRS3 LMS)、デニス・デュポン(アウディRS3 LMS)、ベルネイとアウディユーザーが上位を席巻。Q2のリバースグリッドとなるレース2ではベナーニがポールにつけた。

 そのレース2ではスタートでベナーニとフロントロウのマ・キンファ(ホンダ・シビック・タイプR TCR)を交わしたオーレリアン・コンテ(プジョー308 TCR)が抜け出していく。

 3番手に後退したマ・キンファはオープニングラップでコースオフする場面があり、1周目を終えた時点でトップ10圏外までポジションを落としている。

 トップのベナーニはレース終盤に向かうにつれてペースが鈍化。後方からコンテが追いつき、両者はテール・トゥ・ノーズの状態でファイナルラップを迎える。

 その状態で迎えたバックストレート手前のシケインで、コンテはベナーニのリヤを押すような形で接触。これでバックストレートへの加速が鈍ったベナーニはポジションを奪われてしまう。

 しかし、バックストレートエンドのシケインへのブレーキングで、コンテはマシンを止めきれずにオーバーシュート。ここでふたたびベナーニが順位を奪い返すと、そのままレース2を制してみせた。

 最終レース3はシェドンがポールポジションを獲得。シェドンは直前に行われたレース2でバリアに衝突し、ステアリング周りを破損していたが、短いインターバル中にメカニックが修復作業を行い、グリッドの先頭に並んだ。

 スタートで好発進を決めたシェドンは1コーナーへの飛び込みで後方から迫るデュポンにリヤをプッシュされたものの、マシンをコントロールしながら1コーナーを立ち上がっていく。

 その後方ではコンテとベルネイのクラッシュにロブ・ハフ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)などが巻き込まれ、コース上にマシンがストップ。車両回収のためにセーフティカーが導入される。

 回収作業などを終えて、レースは9周目に再開。その翌周には2番手デュポンがトップのシェドンに襲いかかる。

 シェドンの背後に迫ったデュポンはシケインへの飛び込みでタイヤスモークを上げながらハードブレーキ。しかし、これでマシンのコントロールを失ったのか、シケイン内側に飛び出すと、設置してあったタイヤバリアを弾き飛ばしながら、シェドンに衝突してしまう。

 衝突されたシェドンはマシンにダメージを負いながらもポジションをキープした一方、デュポンは加速が鈍り、後方から迫っていたベルネイにオーバーテイクされてしまった。

 またデュポンが弾き飛ばしたタイヤバリアがコース上に留まったため、これを回収するためにレース2回目のセーフティカーが導入。15周目にレースは再開された。

 このリスタートでポジションを守ったシェドンは、後方からベルネイに追撃されながらも0.558秒差を守りきってトップチェッカー。自身初のWTCR優勝を飾ってみせた。

 また3位にはデュポンが入り、アウディユーザーが表彰台を独占する結果となった。

 前回の寧波ラウンドで圧倒的な強さを誇ったヒュンダイ勢はサクセスバラストの影響で苦戦。レース2とレース3でイバン・ミューラー(ヒュンダイi30N TCR)、テッド・ビョーク(ヒュンダイi30N TCR)が獲得した10位がベストリザルトと、上位争いに食い込むことができなかった。

 中国連戦を終えた2018年のWTCRは残り2大会。次戦は10月27~28日に全日本スーパーフォーミュラ選手権と併催される鈴鹿サーキットラウンドだ。



  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します