現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1 Topic:エンジンオイルが届かない!?F1日本GP鈴鹿でルノーとマクラーレンに起きた予想外のトラブル

ここから本文です
スポーツ 2018.10.5

F1 Topic:エンジンオイルが届かない!?F1日本GP鈴鹿でルノーとマクラーレンに起きた予想外のトラブル

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大型で強い台風第25号の接近は、F1第17戦日本GPに少なからず影響を与えている。

 木曜日に鈴鹿サーキットに到着予定だったカストロールのエンジンオイルが到着せず、カストロールのエンジンオイルを使用しているルノーとマクラーレンが、グランプリ開幕前日になっても、パワーユニットを始動することができなかったのだ。

    有力サッカーチームへの移籍が噂されるフェラーリF1のアリバベーネ代表、鈴鹿で退任の噂を完全否定

 そのため、この2チームは木曜日の夜から金曜日の朝にかけて設けられているカーフュー(作業禁止時間)を破って、フリー走行の準備を行わなければならなかった。

 通常のカーフューを破るというケースは、前夜からの作業がカーフューの開始時間までに終わらず、深夜すぎまでガレージで整備作業を行う場合が多い。しかし、今回はエンジンオイルが届かないため、木曜日の作業は通常よりも早く終了した。

 では、ルノーとマクラーレンはなぜ、年に2回しか許されていないカーフューを、今回の鈴鹿で破ったのか。それは、東京に到着したカスロールのエンジンオイルが税関の検査を終えて鈴鹿に到着するのが、金曜日の早朝となったため、未明にサーキットに入ったからだ。

 木曜日から金曜日にかけてのカーフューは、木曜日の夜11時から金曜日の朝7時までの8時間が対象となっている。ルノーのスタッフによれば、通常はカーフュー明けの朝7時入りするところ、今回は朝5時にサーキットに入り、オイルの到着を待っていたという。朝6時ごろにオイルは無事到着。朝8時にエンジンに火が入ったという。

 しかし、今回のケースはチームの事情ではなく、台風という不可抗力が理由であることが明らかだったため、FIAは「今回のルノーとマクラーレンに関しては、カーフューを破ったことにカウントしない」という大岡裁きを下している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します