現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2019年型『ジャガーXJ』に、誕生50周年を記念した2種類の限定車を設定

ここから本文です
スポーツ 2018.10.4

2019年型『ジャガーXJ』に、誕生50周年を記念した2種類の限定車を設定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年デビューから50周年を迎えるジャガーのフラッグシップ・サルーン『XJ』の2019年モデルが登場。あわせて、その50周年を記念した特別モデル『XJ50』、『XJ SPORT&LUXURY』の2モデルを新たに追加し、9月21日から受注が開始されている。

 1968年に登場し現在8代目となるフラッグシップ・サルーン『XJ』は、ジャガーならではのスポーティなダイナミクス性能と優雅でエレガントな佇まいを実現したデザイン性が全世代を通じての特徴となり、英国のロイヤルファミリーを筆頭に数多くのセレブリティを魅了してきた。

    フォルクスワーゲン、新型『ポロ』に新オプションとインテリアカラーを追加

 2010年の日本市場導入以来、数多くの改良を受けてきた『XJ』だが、その2019年モデルは自動緊急ブレーキ(AEB)を標準装備として安全性をさらに高めると同時に、MY19限定グレードの『XJ50』と、20台限定の特別仕様車『XJ SPORT&LUXURY』を新たに追加している。

 MY19限定グレードの『XJ50』は、XJ PREMIUM LUXURYをベース車両に、最上級グレードであるXJ AUTOBIOGRAPHYと同じ形状のフロント/リヤバンパーを採用することでスポーツ性とラグジュアリー性を高めている。

 エクステリアカラーはフジホワイト、サントリーニブラック、ロワールブルー、ロッセロレッドの4色を展開し、インテリアには18ウェイシート、ヒーター、クーラー、マッサージ機能が付いたダイヤモンドカットのソフトグレイン・レザーシートや、アノダイズ加工を施したギアシフトパドルやブライトメタルペダルなど、同モデル限定の特別装備が数多く採用されている。

 また、リヤとサイドベント、センターアームレスト、イルミネーション付トレッドプレートに『XJ50』専用バッジを配するなど、記念モデルであることを印象づける、より一層ラグジュアリーな車両に仕上がっている。
 一方、20台限定の『XJ SPORT&LUXURY』は、ベース車両のXJ R-SPORTに美しく流れるようなスタイリングを際立たせるファラロン・ブラックのエクステリアと、明るく気品ある空間を演出するアイボリーを基調としたインテリアを採用。

 レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープ・アシスト、ドライバー・コンディション・モニターなどを標準装備し安全機能を充実させたほか、リモートプレミアム、InControlアプリ、Wi-Fiホットスポットの機能がすべて備わったコネクトプロを搭載し、ドライバーズカーとしての利便性を高めている。

 エンジンは、3リッターV型6気筒スーパーチャージド(340PS/450Nm)と、5リッターV型8気筒スーパーチャージドの出力違い(575PS/700Nm、510PS/625Nm)の3種類を用意し、それぞれリベット打ちされた100%アルミニウムモノコックシャシーに搭載。標準ラインナップの価格は1149万~2069万円となり、3リッター搭載の限定グレード『XJ50』が1321万円。20台限定の『XJ SPORT&LUXURY』は1258万円となっている。
Jaguarウェブサイト:http://www.jaguar.co.jp
ジャガーコール(フリーダイヤル):0120-050-689

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します