現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ「新PUのすべてがポジティブ。グリッドを降格されるが、後方からいいレースができそう」:F1ロシアGP金曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.29

トロロッソ「新PUのすべてがポジティブ。グリッドを降格されるが、後方からいいレースができそう」:F1ロシアGP金曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1ロシアGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=12番手/2=8番手、ブレンドン・ハートレーはフリー走行1=19番手/2=16番手だった。

 今回ホンダはパフォーマンスと信頼性の向上のために改善を施したパワーユニット(PU)/エンジンを投入した。ガスリー車には6基目のICE(エンジン)、ターボチャージャー、MGU-H、5基目のMGU-Kを搭載、ハートレー車には7基目のICE、6基目のターボチャージャー、MGU-H、MGU-K、4基目のコントロールエレクトロニクスを搭載。これは1シーズンに使用できるエレメント数を超えての交換であるため、2台はペナルティとしてグリッド後方に降格される。

    ホンダ田辺TD「アップデート版パワーユニットは初日から問題なく機能。ポジティブな結果を得た」:F1ロシアGP金曜

 FP1、ガスリーは25周を走り、1分36秒944で12番手、ハートレーは28周を走り、1分37秒944で19番手だった。FP2ではガスリーは28周のなかで1分35秒137をマークし8番手。ハートレーは29周を走行して1分36秒024で16番手となった。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
チーフレースエンジニア ジョナサン・エドルズ
 両マシンのPU交換によりこのレースではグリッド降格ペナルティを受けることが分かっていたので、それに沿ったプランを立てた。グリッド後方から決勝をスタートするため、今週末は予選というよりレースパフォーマンスとロングランを重視している。

 新しいPUでの最初のサーキットでの走行になるので、いいパフォーマンスを引き出すために多くのセッティングの最適化が必要だったが、その作業をこなし、FP2を終える段階ではいい状態であると思っている。PUに関してすべてがポジティブに思える。ホンダには感謝している。

 FP1ではいくつか空力とタイヤのテストを行い、サーキットとダイナモでの相関性を向上するためのデータを収集した。このテストも問題なく完了し、いい答えを得ることができたのでよかった。路面は序盤はかなりダスティで、グリップが低かった。そのためFP1では完璧なバランスを見つけ出すことができなかった。だが、FP1とFP2の間に現場とオペレーションルームのエンジニアたちが協力して、マシンのバランスとグリップの問題を解決するために懸命にセットアップの変更を行った。また、FP1でブレンドンのフロアに問題があったので、スペアのフロアに交換した。そういった変更はFP2でうまく機能していた。

 ペナルティを受けることと、今回我々が行ったタイヤチョイスの関係で、FP2では2セットのハイパーソフトをショートラン用として使うことができた。予選を重視したマシンセットアップは行っていないものの、それでもパフォーマンスは悪くなかった。2台で別の種類のタイヤでロングランを行い、ソフトタイヤでのブレンドンの走行は非常に競争力が高かった。ウルトラソフトはソフトに比べると耐久性が低く、うまく管理して走る必要がある。

 全体的に見て今日のパッケージでいいポジションにつけることができた。土日がどういう展開になるのかを見ていく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します