現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル予選3番手「ハミルトンより速いタイムを出す力はあった。うまく戦えなくて残念」:F1シンガポールGP土曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.16

ベッテル予選3番手「ハミルトンより速いタイムを出す力はあった。うまく戦えなくて残念」:F1シンガポールGP土曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1シンガポールGPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは3番手だった。

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=3番手
 今日は理想的なラップを走れなかった。全体的に見て予選はもっとうまくやれたはずなのに、そうはならなかった。マシンから最高の力を引き出すことができなかったと思う。ひと言で言って、スムーズな予選ではなかった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

(ライバルとの)差は大きいけれど、その原因の一部はコースがとても長いというところにあるので心配はしていない。(ポールポジションを獲得した)ルイス(・ハミルトン)はとてもいいラップを走ったが、彼に勝つのは不可能だったとは思わない。

 もちろんいつだってフロントロウからスタートする方が有利には違いないが、明日の決勝は問題ない。僕らのマシンは優れているし、前のグループについて行き、2時間のレースのなかで何かしらできると信じている。レースでは何が起こるか分からないしね。

 もちろん要素はすべて揃っていたから、僕らは本当ならもっといい結果を出せたはずだ。でも今日は物事すべてをうまくまとめることができなかったんだ。

 3番手だって大失敗というわけではないので、取り乱したりはしていない。ただ、今日の予選ではポールを獲りたかったし、そのチャンスがあったのは確かだ。

 まとまりのない予選になってしまい、Q3では大幅にタイムを失い、3位どまりという結果になった。僕らの予選のやり方では、リズムを作るのが難しかった。予定どおりには進行せず、Q1からQ3までずっと苦戦した。

 ライバルたちの方がいい仕事をした。ルイス個人だけでなく、メルセデスチームもそうだ。でもこのギャップ(0.613秒)を心配してはいない。今日の予選では僕らの強さを示せなかった。パッケージから最大の力を引き出すことができなかったのが残念だ。

 けれどもいまは気持ちを切り替えて、明日の戦いがどうなっていくかに注目していよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します