現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPコラム:4輪以上に危険が伴う2輪レース。過去に例のない決勝中止に至った経緯

ここから本文です
スポーツ 2018.9.6

MotoGPコラム:4輪以上に危険が伴う2輪レース。過去に例のない決勝中止に至った経緯

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イギリス在住のフリーライター、マット・オクスリーのMotoGPコラムをお届け。多くの危険が伴っているモータースポーツ。特にMotoGPは、命を失う可能性が高いカテゴリーとなっている。第12戦イギリスGPでのレースディレクションの中止判断をオクスリーが改めて分析する。

ーーーーーーーーーー

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

 ライダーたちは日曜にレースをすべきだった? ライダーたちは自分たちの安全についてこだわりすぎなのか?

 MotoGPはつねに危険を冒しているシリーズだ。だから我々はMotoGPを愛している。コースがより安全になり、優れたライディングギアなどがあったとしても、ライダーたちは1年の多くで今も危険に身をさらしている。

 なぜなら好天の時でさえ、大怪我や死亡事故なしにバイクで時速220マイル(約354キロ)を出し、サーキットを走行するのは偉業とも言えるからだ。

 この“奇跡”はほぼ毎戦起きているが、これにより一部の人々はMotoGPが危険ではないと考えてしまうようだ。だが信じてほしい、レースディレクターたちはほぼ毎回、日曜の夕方に安堵のため息とともにコースを後にするのだ。今回も何事もなかったと。

 しかしながら、時に物事はうまく運ばないものだ。

■命の危険が常に伴っているMotoGP
 第12戦イギリスGPは誰にとっても災難だった。特に長旅をして1日を雨に濡れ震えて過ごしたファンにとっては。彼らは選手権のなかでも最速でもっとも危険なサーキットのひとつで、なにがしかのショーを見ることを期待していた。

 しかし、ファンも、ライダーも、そしてチームも、誰もが落胆して家路につくことになってしまった。一部のファンは長いこと待たされた挙句、なんの見返りもなかったことに怒りを感じて家に帰った。彼らが怒りを覚えるのは当然だ。しかし、一番肝心なのは誰も死ななかったことだ。

 MotoGPをはじめとするモータースポーツは危険と隣合わせであることを忘れてはならない。とくにMotoGPは、現在でも3シーズンに1人の割合でいまだにライダーが亡くなることがあるカテゴリーなのだから。

 荒天中止となったシルバーストンでは誰も亡くなることはなかった。だがティト・ラバット(レアーレ・アビンティア・レーシング)はイギリス・コベントリーの病院に入院し、大腿骨、脛骨、腓骨の骨折に対する治療を受けている。

 ラバットは土曜午後に行われたフリー走行4回目、ストウコーナーでの多重クラッシュで最悪の状況に巻き込まれた。当初、ラバットが負傷した右足は出血がひどく、医師は大腿動脈の切断を疑ったという。

 ラバットは雨によって生まれた小さな水たまりでアクアプレーニング現象に見舞われて、ハンガーストレートの終わりで転倒した。このときラバットには大きな怪我はなかったものの、グラベルエリアで倒れこみ動けなかったラバットに、転倒した他車が激突したことで負傷した。

 転倒したライダーにほかのマシンが衝突する事故は過去にも起きている。2010年のミサノでは富沢祥也がライバルのバイクに激突されて亡くなっている。そして同様の運命が2011年のセパンでマルコ・シモンチェリに降りかかった。一度レースに出たら、高速で走行するマシンに囲まれたライダーを完全に防護することは不可能だ。

 フリー走行4回目の終盤近く、ストウコーナーで最初にクラッシュしたのはアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)だった。彼はスズキGSX-RRがアクアプレーニングを起こしたと感じた時、高速走行中に勇敢にもバイクから飛び降りた。

「水があるのを感じたので、スロットルを切ったが、フロントがアクアプレーニングを起こしてロックしてしまった」とリンスは語った。

「ウォールが高速で近づいてくるのが見えたから、バイクから飛び降りた。そしてティトに手を振って、(フランコ)モルビデリのマシンが迫っていることを知らせようとした。彼は振り返ってバイクを見たが、回避が間に合わず、10メートル跳ね飛ばされたんだ」

 モルビデリのバイクはラバットを跳ねたとき、時速100マイル(約160キロ)に近い速さが出ていたと推測されるが、怪我をさせたのが頭ではなく足だったのは非常に幸運だった。

 ストウコーナーは恐ろしいほどに混乱していた。3人のライダーが地面に倒れ、さらに数台がコントロールを失いながら高速でグラベルトラップを走り抜けたが、幸運にも転倒はしなかった。事態はもっと悪くなる可能性もあった。あの瞬間からグランプリは危機に直面していたのだ。

 日曜日、ライダーとチームそしてレースディレクションは天気が良くなるのを何時間も待っていたが、好転しそうになかった。午後4時少し前にライダーたちは最終のセーフティ委員会のミーティングを開いた。さらに雨が降る可能性があったため、多数がレースをするのは危険が高すぎると判断し、イベントは中止されることになった。

■過去に起こった先達ライダーと主催者側の戦い
 こうしたことは、昔は起こらなかった。

 昔は、主催者たちはライダーたちにレースをするように言い、イベントは何があろうと進められた。

 1970年代と1980年代にはそのようなことが多くあったが、ライダーたちは死亡および負傷事故の数を減らすために主催者とFIM(国際モーターサイクリズム連盟)との戦いを続けた。

 当時、FIMと主催者は恐ろしいほどに無慈悲だったのだ。1973年、モンツァでのイタリアGPでヤーノ・サーリネンとレンツォ・パゾリーニ双方が亡くなったとき、レースは中止されることさえなかった。

「大量殺戮のようだった」と致命的な多重クラッシュに巻き込まれた多くのライダーのひとりであるチャズ・モーティマーは振り返る。

「歩いてその場を離れられたのは自分ひとりだけだったようだ。皆、ストレッチャーで運ばれていった。ヤーノの様子を見に駆け寄ったのを覚えているが、彼の頭部は事実上“すべて”失われていた。ぞっとする光景だった」

「実際には、私がパゾリーニを殺したのだ。コースの反対側で倒れているパゾリーニと炎から出てくる私の写真があるが、私はまっすぐ彼に向かって走っていった。マルコ・シモンチェリが亡くなったときに起きたことと似ていた」

 無事だったライダーたちが、倒れて燃えているマシンの混乱をすり抜けて走るのに嫌気がさしてピットに戻ったことで、レースはやっと終わったのだった。

 2週間後、モンツァは全国会議を開催した。有名なクリニカ・モバイルを生み出したクラウディオ・コスタ博士は、主催者に対し、サーリネンとパゾリーニが命を落としたクルバ・グランデに救急車の設置を願い出た。彼の要請は拒否され、さらに3人のライダーが亡くなった。

 4年後、ザルツブルクリンクで行われたオーストリアGPの250ccクラスにおいて、スイス人ライダーのハンス・スタデルマンが同様の多重クラッシュのなかで死亡した。またも主催者は、少なくとも事故後8周まではレースを中止する必要がないと考えた。

 この事故ではジョニー・チェコット、ディーター・ブラウン、パトリック・フェルナンデスも深刻な怪我を負っている。バリー・シーンやジャコモ・アゴスチーニといった当時のビッグスターやその他のライダーは、アームコのバリアで縁取られた恐ろしい(しかし美しい)コースで、グランプリの500ccクラスをスタートさせることを拒否した。

 しかし、信じられないことに、FIMは無礼だとしてシーンに公式な警告を与えた。一方の主催者はパドックを走り回り、レースに出てくれる者には通常の2倍のスタートマネーを出すと申し出て回った。

 このことはその後数年間のパターンを築いた。スターライダーたちがストライキを決行して、安全面の改善を実現させようとするが、財政力のないプライベーターはレースに出てしまう。食べ物を買い、クルマにガソリンを入れるために十分な現金を稼げるめったにないチャンスを掴むのだ。
 MotoGPの熱心な支持者であるジャック・フィンドレーは1958年に初めてグランプリに参戦し、1978年に最後のレースに出た。彼はレースに勝つと、その後数週間は普段よりも良い食事をしたという。

 1982年、ノガロで行われたフランスGPで同様のことが起きた。私は現地で、英国のプライベーターのクリス・ガイの手伝いをしていた。シーンやケニー・ロバーツやその他の数名が日曜の朝にパドックを去っていったので、私は何が起きているのか様子を見ようと、サーキットのゲートまで行った。

 フランスのファンたちはシーンが彼のロールス・ロイスで会場を後にするのを目にし、彼らがストライキをすることを知った。ファンたちは寄せ集めのプライベーターチームの集団が走るのを見るために、高い金を払うつもりはなかった。だから彼らは境界のフェンスを踏みつけてサーキットになだれ込み、ミケル・フルッシが500ccクラスで優勝するのを観戦した。1年後、フルッシはこの世を去った。

 1989年のミサノでまたストライキが起きた。コースは雨のなか不安定な状況で、ケビン・シュワンツやウエイン・レイニー、エディー・ローソン、マイケル・ドゥーハン、ワイン・ガードナーといったトップライダーたちは全員、雨が降り出すと最初の数周でピットに入ってしまった。大雨のなかレースは再スタートされたが、地元のヒーローであるピエール・フランチェスコ・キリが英国のプライベーターのサイモン・バックマスターを抑えて優勝を飾った。

 レースの間中、ローソンにシュワンツ、そしてストライキに参加した仲間はピットに立ち、ストに参加しない、いわゆるスト破りのライダーたちを罵っていた。所属していたイタリアのチームからレースに出るよう言われていたキリは、レース後に表彰台ですすり泣いていた。なぜなら彼は自分が仲間のライダーを裏切ったことを分かっていたからだ。

 こうした戦いのすべては、危険が大きすぎると考えた、十分なほどに命を危険にさらしてきたライダーたちによって争われ、勝利はもぎ取られた。いつのことだったか、バイクレーサーの仕事は何があろうと彼(または彼女)の命を賭けることだと考える人々から、彼らは全員意気地なしとか、プリマドンナなどと呼ばれた。

 主催者とファンたちは本末転倒だと文句を言った。日曜のシルバーストンでの一部のファンの文句とまったく同じものだ。

 イギリスGPに出場したライダーたちには、何年も前に権力側と悪意に満ちた希望のない戦いを繰り広げた先達への感謝が足りていない。1982年にライダーたちは彼らの理念の一助となるよう、元レーサーのマイク・トリンビーを雇い、彼らの権利を賭けて戦うことにした。トリンビーは現在チームの協会IRTA(国際ロードレーシングチーム)の責任者だ。

「私が着任するまでには、もっとランオフエリアがあったが、グラベルベッドはなかった。だからフェンスが張られていたんだ。四輪の連中がクルマをスローダウンさせたかったからね」とトリンビーは語る。

「問題だったのはフェンスが木の支柱に張られていたことだ。フルッシは1983年にル・マンでそうした支柱のひとつのせいで亡くなっている。これではレーストラックのまわりに木を植えているようなものだよ! 我々はサーキット側と多くの議論を行なった。我々は自分たちで多くのフェンスを取り除くことになった」

「我々が求めていたのは、ライダーがクラッシュした後に減速させるために、徐々に崩れていくようなものだ。昔懐かしい干し草の塊のようにね。1983年のムジェロでサーキットの人たちがフェンスを取り外して我々に言ったのを覚えている。あんたたちの干し草はトラクターに積んであそこに置いてあるから、行って使いな、と。我々はそうしたよ。我々とライダーたちでね」

「1986年にIRTAが設立されて、我々には正式な窓口ができた。他のターニングポイントは、1992年にドルナが参入したことだ。彼らとの取り決めは、我々はレースをしたくない場所ではどこでもレースをする必要がない、というものだった。今では、誰かが新しいサーキットを設計するときは、我々がバイク向けに求めることを組み込んでくれる。状況は完璧とは言えないが、可能な限り近いものになっている」

 それゆえに、MotoGPは確かにそれほど危険にはならないかもしれない。なぜなら一次的、二次的な安全策がそのようなレベルにまで進化してきているから、ということだろうか? それは真実だが、今では考慮すべき新たな危険がある。

■近年のMotoGPで危険視すべきは“スピード”
 第一にスピードだ。最高のMotoGPバイクは時速350キロを超えることができる。そのスピードでクラッシュしたら、神のみもとへ行くことになる。2013年にマルク・マルケスがムジェロで時速209マイル(約336キロ)で転倒したとき、彼はバイクの右側から落ちることで、深刻な怪我を免れた。

 もし彼がコンクリート製のウォールが立ちはだかるもう一方の側に落ちていたら、何が起きていたか誰に分かるだろう。第二に、レースは現在の技術ルールのおかげで、ハンドルバーとハンドルバーが時速300キロで触れ合うような、これまでにない接近戦になっている。

 こうしたすべての理由から、一部のライダーは、“マニアック”と呼ばれるアンドレア・イアンノーネ自身でさえ、すべてが少々行き過ぎではないかと考えている。「今ではより危険になっているのは確かだね」とイアンノーネは語る。

 土曜にシルバーストンで大雨が降らなかったら、ラバットと他のライダーたちはクラッシュしなかっただろう。レースは行われ、その先にあるものは無視されただろう。雨が問題ではなかったのだ。問題はハンガーの終わりやコースの他の場所にあった水たまりにある。数百万ポンドをかけて行われたまずい再舗装の作業のせいで、雨水がアスファルトに染み込んでいかなかったからだ。

 MotoGPラウンドの数カ月前に、雨のなかシルバーストンを使用した英国モーターサイクルクラブのレーサーや、フォーミュラ・フォードのドライバーも、水たまりやアクアプレーニング現象について不満を訴えていた。

 アクアプレーニングはバイクで走行中に起きたらおそらく最も危険な現象だ。タイヤが水の上に乗り、レーストラックに接地できなくなるのだ。それは氷の層の上を走るよりも危険だ。スーパーマンかよほど幸運でもないかぎり、クラッシュする。

「スロットルを閉めたとき、6速でストレートの場所でコントロールを失った。ブレーキをかけることすらしなかった」とフリー走行4回目のストウでコースを外れたライダーのひとりであるカル・クラッチローは語った。

「明日大雨が降るようなら、誰もレースをフィニッシュできないだろう。問題なのは雨のなかを高速で走るってことだ。路面は鏡のようだったし、水も多く残っていた」

 路面の水はコース最速の部分の唯一の問題ではなかった。アスファルトは先月シルバーストンでレースを行なったF1マシンのチタン製スキッドパンや、MotoGPラウンドの前週に行われた耐久レースのマシンよってガラスのようにつるつるに磨かれていた。

 新たな路面のバンプを減らす作業が最近行われたが、問題を増やしただけだった。作業員はグラインダーでアスファルトの盛り上がった部分を取り除いたが、そのせいでグリップが大幅に減ってしまったのだ。

 重要なのは、主催者が昔のように少数のライダーたちにレースをさせ、分裂させ、グリッドを制圧することを許可しなかったことだ。もしトップライダーたちがコースがあまりにも危険だと考えたら、主催者側もあまりにも危険だと考えるべきなのだ。

 雨の中、レースが強行されていたらなにが起きたか? もしライダーたちがサイティングとウォームアップラップを行っていたら、ストウコーナーで多重事故が起こっただろう。

 24人のライダーが水しぶきのなか、すべりやすい場所でポジションを争うのだから。そしてラバットの骨折した足以上の事態について嘆くことになっただろう。

 私の計算では、2年前にカタルニアでランオフエリアに飛び出したルイス・サロムが、死亡した100人目のグランプリライダーだ。もしサロムが命を落とした史上最後のGPライダーとなったら素晴らしいことだ。だがそうはならないだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ats*****|2018/09/07 02:51

    違反報告

    何が言いたいのかが読めば読むほどわからなくなってきている、、、、
    中止にしたいのかMotoGPを廃止にしたいのか?
    この文章を読んでよし見てみようとは思わないと感じた。 私はそろそろ出力規制か、排気量変更? コースレイアウトの変更を唱えるべきだと思う、、、
  • sak*****|2018/09/07 08:55

    違反報告

    しょうがないよ、だってしかもシルバーストンでしょ?雨絡みに関しては色々と有名なサーキットじゃん。一般ピーポーライダーでも好き好んで雨の日には乗らない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します