現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル、接触の原因はハミルトンと非難「僕がスピンするなんてついてない」:F1イタリアGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.3

ベッテル、接触の原因はハミルトンと非難「僕がスピンするなんてついてない」:F1イタリアGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1イタリアGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは4位だった。スタート直後、2番手のベッテルはトップを行くキミ・ライコネンにチャレンジするチャンスを狙っていたが、ルイス・ハミルトンから抜かれ、その際に接触が起きた。ハミルトンは2番手を走り続けることができたものの、ベッテルはスピンして最後尾まで落ち、そこから追い上げを図らなければならなかった。

 スチュワードはターン4で起きたこのインシデントについて審議を行ったが、どちらかのドライバーに完全にあるいは圧倒的に非があるわけではないと判断し、ペナルティを出さないことを決めた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=4位
 スタート直後、ターン1とターン4でキミをオーバーテイクしようとしたが、できなかった。僕は引いて、ルイスとのギャップを広げた。(ハミルトンとの接触については)僕はスペースを残したが、どうすることもできなかった。ルイスに接触し、スピンした。ついてないことに僕のマシンはかなりのダメージを負った。違う展開になった可能性もあったが、そうはならなかった。

 運悪く僕らのレースは大きな打撃を受けた。残念だけどその後はベストを尽くすしかなく、なんとか後方から挽回することに集中した。もっと悪い結果に終わっていた可能性もあるとはいえ、もちろんがっかりしている。僕らには速さがあり、間違いなく勝つ力があったんだ。

 残りレースでたくさんのポイントを取り戻さなければならなくなったが、状況を改善する時間はあるし、挽回する余裕もある。ティフォシに申し訳なく思う。彼らにふさわしいのはこんなリザルトではなかったのに。

(接触事故について語り)彼(ハミルトン)は僕に全くスペースを残さなかった。それで僕は彼のマシンに突っ込んでしまった。避けようとしたけれど、無理だった。

 ついてないことに、スピンしたのは僕の方だった。皮肉だよね。
 立場が逆になっていたかもしれないし、そうなら僕らにとってはよかったけれど、実際は違った。スピンしたのは僕の方だった。

 レースが終わってマシンを見て驚いた。ひどい状態だったんだ。走っていて感触はよくなかったが、レースに集中していた。ひどいダメージだったわりには速さがあったと思う。そう考えると、本当なら違う展開のレースになっていたかもしれないと思う。

 マックス(・フェルスタッペン)がペナルティを受けたことで4位を手に入れた。僕は1周目、4コーナーを走ったところでコースに逆向きで止まり、皆がこっちに向かって走ってくるのを見ていた。最初はそんな状況だったのだから、この結果は最悪とはいえない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • enz*****|2018/09/03 11:48

    違反報告

    いや、誰が見てもあんたが悪い。スチュワードも悪い方が被害大きいからペナルティ出さなかった訳でしょ?
    リプレイが見れる事知ってますか?ベッテルさん。
    80年代みたいに数カ所定点カメラしかない時代とは違うんですよ?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します