現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハートレー「決勝には自信を持っていたのに、クラッシュで1周も走れないなんて」:トロロッソ・ホンダ F1イタリアGP日曜

ここから本文です
スポーツ 2018.9.3

ハートレー「決勝には自信を持っていたのに、クラッシュで1周も走れないなんて」:トロロッソ・ホンダ F1イタリアGP日曜

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年F1イタリアGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーはリタイアに終わった。

 16番グリッドスタートのハートレーはスーパーソフトタイヤを装着してレースに臨んだが、スタート直後にマーカス・エリクソンと接触するアクシデントが発生。ハートレー車のサスペンションが破損し、そのままリタイアとなった。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレー 決勝=リタイア
 初めてのF1イタリアGPでモンツァで走るのを本当に楽しみにしていた。週末を通して、パフォーマンスがいいと感じていたし、予選では、最終的にはグリッドポジションは離れてしまったけれど、ピエール(・ガスリー)に近いタイムも出していた。だから決勝ではいい走りができると自信を持っていたんだ。

 でもついてないことに、スタート直後、エリクソンが僕をオーバーテイクしようと少し左に動いて接触が起きた。アグレッシブな動きだったわけではないが、それでも僕のレースはターン1手前で終わってしまった。

 その後、見ていたが、本当に素晴らしいレースだった。自分もそのなかで戦って、最後まで走り切りたかったよ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します