現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 雨天時の視認性向上へ。2019年のF1マシンへのリヤウイングライト装備、F1チームが賛同

ここから本文です
スポーツ 2018.8.29

雨天時の視認性向上へ。2019年のF1マシンへのリヤウイングライト装備、F1チームが賛同

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来季のF1マシンには、リヤウイング翼端板の高い位置にリヤライトが装備される方向性が確認された。

 今年のスペインGP後に行われたインシーズンテストで、ルイス・ハミルトンがドライブしたメルセデスのマシンのリヤウイング翼端板上部には、リヤライトが装備されていた。これは、FIAの調査の一環として行われたものだ。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 このアイデアは、これまでよりも高い位置にリヤライトを取り付けることで、ウエットコンディション時に前方のマシンの視認性を高めることが目指されたものだ。

 テストの結果、このライトの機能が証明されたため、最近行われたテクニカル・レギュレーション・ミーティングにおいて、2019年に使用を義務化する案がチームに提案された。

 この案にはチームが満場一致で指示。次のストラテジーグループで承認され、世界モータースポーツ評議会(WMSC)での認可を経て、正式のレギュレーションに加えられることになる予定だ。

 このリヤウイングのライトは、他のモータースポーツでも導入されているもの。WECのLMPマシンにはすでに装備されており、来季からスーパーフォーミュラに導入される新型マシンSF19にも搭載されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します