現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スタート直後に大事故発生! アロンソ、ミスを犯したヒュルケンベルグを非難「ハロがあって良かったけど……」|F1ベルギーGP決勝

ここから本文です
スポーツ 2018.8.27

スタート直後に大事故発生! アロンソ、ミスを犯したヒュルケンベルグを非難「ハロがあって良かったけど……」|F1ベルギーGP決勝

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベルギーGPの1周目、ターン1でニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)に追突されたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は、「彼がどんなブレーキをかけたのか分からない」とヒュルケンベルグを非難している。

 アロンソはスタート直後のラ・ソースでヒュルケンベルグに追突され、ザウバーのシャルル・ルクレールのマシンの上を乗り越えるような形でクラッシュした。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 この事故の原因となったヒュルケンベルグの動きについて、アロンソは痛烈に非難している。

「また、大きなブレーキングのミスが起きた」

 アロンソはBBCにそう語った。

「以前(2012年)の時には、ロマン(グロージャン/現ハース。当時ロータス)は、レース出場停止の処分を受けた。今回はどうなるか、僕らは見ることになるだろう」

「どうやったらあんな風にブレーキングをミスできるのか、理解し難い。コーナーをクリアするのは不可能なスピードで、そこにやってきたんだ」

 ルクレールのマシンのハロには、大きな傷跡がついており、今季から導入されたこのコクピット保護デバイスがなかったなら、より深刻な結果になった可能性すらある。アロンソはこのハロの効果について賞賛した。

「ポジティブだったのは、シャルルも含めて僕ら全員が無傷だったということだ」

「僕は彼のマシンを飛び越えた。ハロがあったのは、とても良いことだった」

「リプレイを見たけど、ハロは彼を助けたと思う。確かに、ハロがあって良かった。でもそれがあって良かったということを、あんな形で証明する必要などないんだ」

 この事故を調査するため、アロンソとヒュルケンベルグは、レース後にスチュワードからの呼び出しを受けている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します