現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > GT300マシンフォーカス:HOPPY 86 MC/連綿と続いた進化に黄信号。土屋武士監督「ちょっと壁にぶつかっている」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.11

GT300マシンフォーカス:HOPPY 86 MC/連綿と続いた進化に黄信号。土屋武士監督「ちょっと壁にぶつかっている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年シーズンは14車種29チームがアツいバトルを展開しているスーパーGT300クラス。そのなかから11台をピックアップし、ドライバーや関係者にマシンの魅力を聞いていく。今回は2014年にGTデビューを果たし翌年から本格参戦を開始したGT300マザーシャシー、なかでもチャンピオンを獲得しているつちやエンジニアリングのHOPPY 86 MCにフォーカスする。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 2018年で本格参戦3年目を迎えるGT300マザーシャシーは『日本のモノづくり』を育てていくためにGTアソシエイションが中心となり進めてきたプロジェクト。

 安価な専用モノコックと、GTAが独自に販売する4.5リッター自然吸気V8エンジン、6速パドルシフト式ミッション、トリプルプレートクラッチ等が組み合わされている。FIA-GT3マシンと比較すると、車両製作に高い自由度が設けられており、チームやメンテナンスガレージが技術力を発揮できるマシンだ。

 なかでも、つちやエンジニアリングのマザーシャシーは投入初年度の2015年第6戦SUGOでクラス優勝を飾るなど速さを発揮。2016年にはシリーズチャンピオンにも輝いた。

 2017年はポールポジションを3度獲得、第3戦オートポリスでは優勝も飾るなど速さを発揮したが、第6戦鈴鹿でマシンが横転するクラッシュなどもあり、ランキング5位。2018年はHOPPY 86 MCとしてチャンピオン奪還に挑んでいる。

 初年度から、つちやエンジニアリングのドライバーとしてマザーシャシーを操り続けている松井孝允は「(2018年のマザーシャシーは)2015年からは大きく変わっている」とマシンの進化を語る。

「2016年にチャンピオンを獲ったときはクルマのバランスという意味でも速く、乗りやすいものになっていました。そういう意味で2016年は大きく進化したなと思います」

「具体的にどこというのはトータル的(な進化)なので、こことは言えないですけどね。ダウンフォースも、(チームが)カウルを作ってくれて増えた部分もありますし、足回りは足回りでいいバランスになってきています」

「去年(2017年)もクルマを良くしようとしていて、クルマとしてのレベルは上がっていました。ただ決勝は無理をしないと前でゴールできないというのがこのクルマの特性だと思っていて、そこをもっと乗りやすくしたのが今年だと思っています」

「毎年レベルは上がっていて、細かいコンマ1秒、2秒というのが決勝では結構な秒数になるので、そのコンマ1~2秒の積み重ねが速さにつながっています」

 松井が語るように、軽量でコーナリングに強みを持つマザーシャシーは予選で速さを発揮しやすいが、決勝でバトルとなると直線スピードで分があるFIA-GT3勢に押し切られる展開が多い。

 そのため、燃料を積む決勝ではお家芸とも言えるタイヤ無交換作戦を駆使しての先行逃げ切り型の戦い方が多いのが特徴だ。

「決勝やシーズンをトータルで考えたときに『ここを速くしたいよね』というところが速くなってきている。乗りやすいというのは大前提だと思うので、乗りやすさは変わらずタイムが上がっているというイメージです」

■マザーシャシーの改良が足踏み。「今の知識ではこれ以上のネタがない」と土屋監督
 実戦デビューから4年で着実に進化を続け、ドライバーからも年々速さが増しているとのコメントが出ているHOPPY 86だが、チームの監督を務めながらエンジニアとしても戦っている土屋武士監督は「今の僕たちの知識では先が見えないところまで来ている」と“壁”にぶつかっていることを明かした。

「セットアップでほんの少しは変わりますけど、今の自分たちの知識ではこれ以上のネタがないので、もっと勉強しないとですね。ちょっと壁にぶつかってます」

「例えば今はデータロガーを使っていないですけど、データロガーをつけてとか、自動車工学的な部分をもっと深く勉強したりとか。まずは自分でクルマを設計できるようにならないと。それくらいの知見をもたないと、この先はないだろうなという壁を感じてます。エンジニア的に、ですけどね」

「もちろんレースは速さだけで競うものではないので、それ以外の部分でやれることはまだまだありますけど、(クルマの面で)これ以上のことをやるのは今の自分のレベルでは無理だなというのが正直な印象です」

「次のステップ、(つちやエンジニアリングとして目指す)GT500という目標に行くためにも、自分たちのレベルを上げるための時間とお金を作らないといけない。誰でもぶつかる壁ですよね。学生も塾に行くにしても参考書を買うにしても、お金と時間が必要じゃないですか。それと同じです」

 これまでマザーシャシーユーザーのなかではつちやエンジニアリングが頭ひとつ抜き出ていた印象が強いが、今季はTEAM UPGARAGEのUPGARAGE 86 MCが第1戦岡山で優勝を飾るなど、マザーシャシー全体のレベルが高まっている。

 またGT3勢もセットアップの熟成が進んでおり、2018年のHOPPY 86は過去シーズンのように圧倒的とも言える速さを出し切れていない印象もある。

 ただ、土屋監督がぶつかっているという壁を乗り越えた時、HOPPY 86がさらに進化することは間違いない。チームが掲げているGT500ステップアップに向け、その壁をどう乗り越えていくだろうか。

 ちなみに、GT300マザーシャシーは市販されているトヨタ86のカウルを使用しているマシンということで、少し気になるのは市販車と共通している部品がどれだけあるのかということ。

 土屋監督によれば、HOPPY 86の場合「ドアノブとライト、あとはエンブレムだけ」といい、それ以外は完全なレーシングマシンに仕上げられているとのこと。サーキットに足を運んだ際は、これら市販車共通パーツもお見逃しなく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します