現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表、アロンソ加入の噂を一蹴。「若手への投資が優先」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.10

レッドブルF1代表、アロンソ加入の噂を一蹴。「若手への投資が優先」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェルナンド・アロンソに対し、2019年はレッドブルで走って欲しいと願う声が出ていることについて、チーム代表であるクリスチャン・ホーナーはその可能性をきっぱりと否定した。

 ダニエル・リカルドのレッドブルからルノーへの移籍という衝撃的な発表により、ドライバーなら誰もが望むであろうレッドブル・レーシングのシートに空きが生じることになった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 一部には、過去に2度世界タイトルを獲得し、直近の4年間もマクラーレンでその才能を発揮し続けているアロンソに、そのシートに座ってほしいという願いもあるようだ。

 ホーナーは、F1公式ポッドキャストでトム・クラークソンのインタビューに応じ、チームの考え方や、アロンソの獲得はないとする理由について、以下のように語った。

「私はフェルナンドを非常に尊敬している」とホーナー。

「彼は非常に優れたドライバーであり、素晴らしいドライバーだ。だが、彼を獲得することは非常に難しいと思っている。彼はどのチームに行ってもちょっとしたゴタゴタを起こすことがある」

「フェルナンドが加わることがチームにとって最も健全な答えと言えるのかどうか、私は懐疑的だ」

 ホーナーは、アロンソ移籍の噂についてはこうして沈静化を図りつつ、レッドブル・グループの中からドライバーを起用するのが基本方針だとあらためて述べた。

「我々は、明らかにキャリアの終わりが近づいているドライバーよりも、若手に投資し続けることを優先する」

 来年のF1をマックス・フェルスタッペンとともに戦うドライバー候補の選択肢としては、現在ルノーにレンタル移籍中のカルロス・サインツJr.か、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーのいずれかが最有力視されている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します