現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:ヤマハ、ヨーロッパテストチームを結成することを認める。ロッシ「ヤマハに対してプレッシャーをかけた」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.9

MotoGP:ヤマハ、ヨーロッパテストチームを結成することを認める。ロッシ「ヤマハに対してプレッシャーをかけた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モビスター・ヤマハ・MotoGPのチームディレクターであるマッシモ・メレガリは、第10戦チェコGPのフリー走行1回目中のインタビューで、ヨーロッパでもマシン開発を行うヤマハのテストチームを結成することを認めた。

 2017年の第8戦オランダGPでバレンティーノ・ロッシが優勝して以来、1年以上勝利のないヤマハ。チームに所属するバレンティーノ・ロッシはヤマハYZR-M1について電子制御に問題があることを2017年から訴え続けていた。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 メレガリは第10戦チェコGPの初日、MotoGPクラスがフリー走行1回目を行っている最中に国際生中継のインタビューで、2019年にヨーロッパでテストチームを所有することと、それが承認されたばかりであることを語った。

 メレガリの発言後、初日のセッションを終えたロッシは「僕はヤマハに対して、テストチームを立ち上げるようにプレッシャーをかけた」とmotogp.comで次のように語っている。

「これは重要なことだ。ブラッドリー・スミスとジョナス・フォルガーは起用が可能な状態。ジョナスはバイクを知っている」

「欧州をベースとするテストチームに関しては、僕たちが最後に結成することになる。以前に所有することができたかもしれないけど、立ち上げが遅くなっても所有しないよりいい」


「僕たちレギュラーライダーたちへの負担が大きくなるから、テストチームが多くのテストを実行できることが重要となるだろう。そのためには、ドゥカティの(ミケーレ)ピロや(ケーシー)ストーナーのように速いライダーを起用する必要がある」

 スズキは2017年から2014年スーパーバイク世界選手権チャンピオンのシルバン・ギュントーリを、ホンダはステファン・ブラドルをテストライダーに起用し、ヨーロッパラウンドでのワイルドカード参戦でマシン開発に貢献していると思われている。

 一方、ヤマハのマシン開発を担うのは現状、ファクトリーライダーのロッシ、マーベリック・ビニャーレス、そして日本のテストチームとなっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nat*****|2018/08/09 21:58

    違反報告

    ちょっと対応が遅きに失した気がする
    パドックを見ても電制系のメカニックや開発がYAMAHAワークスは圧倒的に少ないよね
  • rad*****|2018/08/10 07:53

    違反報告

    資金力=技術力の差? ドカティは特別扱いだしね?(ワークスも1103㏄?)
    最近、熱い宮城さん出ませんね! 琢磨のは無し長~い!!
  • ari*****|2018/08/10 08:53

    違反報告

    正直、YAMAHAだけの問題ではなく開発を含めてライダーの腕によるところが大きいと思う。特にロレンソが抜けてからの低迷は否めず、ランキングでも上位にいるものの優勝数は少なく今シーズンに関しては一度もなく、マルケスに対抗できるとは思えない。KTM移籍が決まってから何故か元気ないザルコだが、それまでは型落ちのM!でファクトリーを上回ることが度々あった。これはファクトリーライダーがダメだという結果そのものとしか考えられない。YAMAHAファンとしては何回も優勝できる強く美しいM1を再び見たい!2年後にロレンソのファクトリー復帰を望みます

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します