現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:ロッシ、チェコGPで中盤にトップを走行するも表彰台逃す。「充分な速さがなかった」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.7

MotoGP:ロッシ、チェコGPで中盤にトップを走行するも表彰台逃す。「充分な速さがなかった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在ポイントランキング2番手につけているバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ・MotoGP)は、MotoGP第10戦チェコGPを4位で終えた。ランキングトップのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)の後ろでチェッカーとなったものの、ブルノサーキットでのレースについて「僕にとってはいいレースだった」と語る。

 予選で2番グリッドを獲得し、フロントロウからスタートしたロッシ。オープニングラップではホールショットを奪った。その後アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)にレースリーダーの座を明け渡したものの、8周目から10周目にかけては再びトップを走行した。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 しかし終盤、ロッシはポジションを落とす。ドヴィツィオーゾ、マルケス、そしてホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ・チーム)との争いに加わることができず、表彰台争いからは脱落。終盤にはカル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)との4番手争いを展開し、最終ラップの最終シケインでクラッチローをオーバーテイクすると、4位でチェッカーを受けた。

 ロッシは2番グリッドを獲得した予選後、自身のタイムに満足だとよろこびつつも「僕のレースペースは充分じゃない。数周後には苦しくなってしまうだろう」と語っていた。ロッシが前半に攻めていたのは、そういった背景があったのだ。

 チェコGPは序盤から最終ラップまで接戦が繰り広げられたために単純に比較することはできないが、表彰台に上ったトップ3は自己ベストを最終ラップに記録しているのに対し、ロッシの自己ベストは序盤の6周目だった。そして最終ラップのロッシのタイムは、トップ3人よりも約1秒遅れていた。

「終わってみれば、僕にとってはいいレースだったと思う」とロッシが語ったのは、そんな状況でベストのリザルトだったという意味なのだろう。

「僕はいいスタートを切ることができたし、何周かトップを走行でき、トップ集団で争えた。問題は、ドヴィツィオーゾ、マルケス、ロレンソと戦える、充分な速さがなかった点だ。これは残念だった。最終的にはカルといいバトルができ、最終ラップでオーバーテイクできた。でも、表彰台を獲得することは難しかったね」

 ロッシはポイントリーダーのマルケスに先行を許し、ポイント差でも3ポイント広げられたが、ランキング2番手の座を守り続けている。後半戦は始まったばかりだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します