現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ランド・ノリス、マクラーレン以外のチームからのF1デビューも”選択肢”と認める「理想は来年デビューだが……」

ここから本文です
スポーツ 2018.8.3

ランド・ノリス、マクラーレン以外のチームからのF1デビューも”選択肢”と認める「理想は来年デビューだが……」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンの育成ドライバーであり、カーリンからFIA F2に参戦しているランド・ノリスは、2019年にマクラーレン以外のチームからF1にデビューし、いずれマクラーレンに戻ることも彼にとってのひとつの選択肢であると語った。

 今年の初め、ノリスは、もし2020年にF1デビューを果たせるのならば、2019年にマシンに乗れなくても問題ないと話していた。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 現在F2でタイトル争いをしているノリスはマクラーレンからのF1デビューを狙っているが、複数のチームが彼に関心を持っていることが明らかになっている。

 例えば、今シーズンの序盤には、レッドブルが姉妹チームのトロロッソでノリスを走らせようとアプローチをしていた。しかしマクラーレン側が彼を完全に手放すことを望んでいなかったため、レッドブルの提案は拒否された。

 また中には、レッドブルがトロロッソのテクニカルディレクターであるジェームス・キーのマクラーレン移籍を認める代わりに、ノリスの起用を求めたのではないかと考える者もいるようだ。

 マクラーレンではないチームでF1に参戦し、その後マクラーレンへ戻る可能性はあるのかとノリスに尋ねると、彼は「もちろんそれも考えている」と答えた。

「F1にいる可能性を考えたいけど、必ずしもそうする(他のチームでデビューする)必要はない。理想的には来年マクラーレンでF1に乗りたいし、(それが叶えば)完璧な状況だ」

「だけどそれを決めるのは僕ではない。チームの上層部やフェルナンド(アロンソ)、決断を下す人々次第だ」

 マクラーレンは、現時点ではどちらのドライバーについても来年以降に関する動向を明らかにしていない。アロンソはまだ契約延長を発表しておらず、チームメイトのストフェル・バンドーンは厳しいシーズンを過ごしているところだ。

 初めてF1の”シリーシーズン”に巻き込まれたことについてmotorsport.comが質問すると、ノリスは次のように答えた。

「フェルナンドが来年何をしたいのか、本当に誰もそれを知らない状況なので、それに答えるのは難しい」

「もちろん、F1にいれたら素晴らしいと思う。でも同時に、来年もマクラーレンに留まって、FP1に出走したり、もっとF1マシンをドライブする機会が欲しいと言える方が良い」

「だからもし2020年のことが決まれば、それ(2019年にマクラーレンにとどまること)は良いチャンスであり、自分がいるべき状況だということになるだろう」

 ノリスは、F2デビュー戦となった開幕戦バーレーンのレース1で優勝を飾ったが、それ以降はここまで優勝がない。シーズンの2/3を終えて、現在では12ポイント差で首位のジョージ・ラッセル(ARTグランプリ)を追いかけている。

 浮き沈みのあるシーズンを過ごしているノリスだが、この経験によってもう1年F2で過ごすことに必ずしも影響を及ぼすわけではないと述べた。

「現代のF1では、F1にステップアップしてすぐに早く走るというのは簡単なことではない。特にF2と比較すればそうだ」

「多くのドライバーにとって、そして僕でさえ、時間がかかると思う。だからFP1に参加して、マシンやチームのこと、彼らがどういった方向性に進んでいくのかを学ぶべきだ」

「もちろん、そうすれば2020年にはもっと良い場所に入れるだろう。だけど、それもひとつの環境だ。他に起こり得ることはたくさんある」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します