現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴鹿8耐の新たな予選ラウンド、セパン8時間レースが2019年からEWCに加わる

ここから本文です
スポーツ 2018.7.29

鈴鹿8耐の新たな予選ラウンド、セパン8時間レースが2019年からEWCに加わる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユーロスポーツは28日、鈴鹿サーキットで記者会見を行い、2019-2020年シーズンのFIM世界耐久選手権(EWC)にセパン8時間が加わることを発表。このラウンドが鈴鹿8時間耐久ロードレースの予選となるという。

 新たに加わるセパン8時間は、2019年12月7日にマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット(SIC)で開催。EWC史上初のウィンターレースとして行われる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 レースフォーマットは、鈴鹿8耐と同じものを採用。公式予選上位10チームによるトップ10トライアルを実施し、決勝レースは夜を迎えてフィニッシュする。

 会見のなかで最もポイントとなったのが、セパン8時間が鈴鹿8耐の予選ラウンドとして開催されることだ。このことについてユーロスポーツ社長、フランソワ・リベイロ氏は次のように語る。

「2年前に鈴鹿8耐をEWCのフィナーレとすることにした。開幕はボルドール、最終戦はこの鈴鹿サーキットだ」

「そして鈴鹿を終えた後からEWCはボルドールまで間が空く。この間をうまく使いたいと思った。だからEWCを東南アジアで走らせたいと考え、2年間かけてふさわしいサーキットを見つけた」

「2019年のシリーズスタートからセパン8時間が鈴鹿8耐に参戦するための予選と考えてもらえたらと思う」

「セパンを鈴鹿8耐の予選のひとつとして考えていることから、開催するレースも鈴鹿8耐とまったく同じフォーマットで行う予定だ。トップ10トライアルも行うし、8時間走り、最後は同じように夜も走ることができる」

 なお、セパン8時間で行われる鈴鹿8耐予選の通過条件等は今後調整を進めていくとのことだ。また、セパンで8時間レースを開催するに当たり、会見に出席したSICのCEO、ラズラン・ラザリ氏はSICのチームもレースに参戦させると明かした。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します