現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F2ハンガロリンク予選:セッテ・カマラが初ポールポジション。福住仁嶺11番手

ここから本文です
スポーツ 2018.7.28

F2ハンガロリンク予選:セッテ・カマラが初ポールポジション。福住仁嶺11番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FIA F2第8戦ハンガロリンクの予選が行われ、カーリンのセルジオ・セッテ・カマラがF2初となるポールポジションを獲得した。

 ジャック・エイトケン(ARTグランプリ)を先頭に各車が続々とコースインし、30分の予選セッションがスタート。心配された雨はなくドライコンディションで行われたが、日差しが弱まった影響で路面温度は40度と、フリー走行時から10度近く低い状況となった。

    ロランディがF2参戦。トライデント解雇のフェルッチ後任として昇格

 セッション前半を終えた時点で、プレマレーシングのニック・デ・フリーズがエイトケンやジョージ・ラッセルといったART勢を上回り、トップに立った。

 しかし2セット目のタイヤを使用したアタックで、エイトケンがデ・フリーズのタイムを0.2秒上回りトップとなった。フリー走行でトップだったラッセルはセクター2で全体ベストタイムを出したものの、トラフィックの影響もあり3番手に留まった。

 エイトケンはポールポジション獲得には十分な手応えを感じたのか、走行時間を5分残して早々にマシンを降りる場面も見られた。

 しかしその期待を打ち砕いたのが、セルジオ・セッテ・カマラ(カーリン)。ピットウオールから見守るエイトケンの前で、1分27秒400をマークしトップタイムを更新した。

 結局、セッテ・カマラがF2では初めてとなるポールポジションを獲得。エイトケンが2番手、デ・フリーズが3番手、ラッセルは4番手で4戦連続のポールポジションとはならなかった。

 福住仁嶺(BWTアーデン)は11番手。13番手だったチームメイトのマキシミリアン・ギュンターを上回った。

 フリー走行で早々にクラッシュを喫してしまった牧野任祐(ロシアンタイム)はぶっつけ本番の予選となったこともあり、20番手から巻き返しを狙うことになった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 松本和己)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します