現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダ、テクニカルディレクターを失う。マクラーレンがジェームズ・キーとの契約認める

ここから本文です
スポーツ 2018.7.26

トロロッソ・ホンダ、テクニカルディレクターを失う。マクラーレンがジェームズ・キーとの契約認める

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンF1チームが、トロロッソ・ホンダでテクニカルディレクターを務めたジェームズ・キーとの契約を認めた。キーはマクラーレンでも同様にテクニカルディレクターのポジションに就く。

 最近までトロロッソで職務に当たっていたキーがマクラーレンに移籍するという報道が流れた数時間後、ハンガリーにおいてマクラーレンのスポークスマンが彼の加入を認めたと、Formula1.comを含む複数のメディアが伝えた。加入時期は明らかになっていない。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 ジョーダン、フォース・インディア、ザウバーを経てトロロッソに加入、6年間を同チームで過ごしたキーは、非常に高い評価を得ており、これまでいくつかのビッグチームへの移籍のうわさがあった。

 マクラーレンは低迷が続き、大きな期待を抱いてスタートした2018年もパフォーマンスが向上せず、春から技術部門の体制を再編してきた。4月にチーフテクニカルオフィサーのティム・ゴスが離脱した後、マクラーレンは7月4日に大規模な組織変更を発表。レーシングディレクターのエリック・ブーリエが辞職、マクラーレン・レーシングのCOOサイモン・ロバーツ、パフォーマンスディレクターのアンドレア・ステラ、スポーティングディレクターのジル・ド・フェランによる新体制が形成されたことが明らかになった。

 エンジニアリングディレクターであるマット・モリスが退任したことも26日に分かったが、キーの加入とは無関係の動きだという。空力担当チーフテクニカルオフィサーのピーター・プロドロモウは現在の職務を継続するものと考えられている。
 
 キーは今後、マクラーレンの立て直しに当たることになるが、トロロッソは現時点でこの件についてコメントしておらず、優秀なテクニカルディレクターを失う今後に向けて、どのようなプランを立てているのかは不明だ。     

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します