現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル「ホンダの進歩を促進するために、トロロッソの今季を”犠牲”にしたくはないが……」|F1ニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.7.18

レッドブル「ホンダの進歩を促進するために、トロロッソの今季を”犠牲”にしたくはないが……」|F1ニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今季限りでルノーとの戦いを終了させ、来季から新たにホンダのパワーユニットを使うことを決めたレッドブル。来季の戦闘力を向上させるためにも、レッドブルはホンダが来年までにできる限りの進歩を遂げることを切望している。

 ホンダは、今季中にさらなるアップグレードを持ち込む可能性もある。しかしそれは必然的に、現在のパートナーであるトロロッソに、グリッド降格ペナルティを強いることに繋がる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ホンダが来季に向けた準備を行う可能性を認めつつも、トロロッソのコンストラクターズランキングとのバランスを取る必要があると語る。

 トロロッソは現在、マクラーレンから29ポイント遅れのランキング8位に位置している。しかしながら、急成長を遂げるザウバーに3ポイント差まで迫られており、楽観視できない状況である。

 トロロッソの今シーズンを犠牲にしてまでも、ホンダが新しいパワーユニットを試すことがあるのかと尋ねられたホーナーは、motorsport.comに対して次のように語った。

「トロロッソを犠牲にしてまでそれを推し進めようとは、我々は思わない」

 そうホーナーは語る。

「しかし明らかに、グループ全体の利益を得るために、学ぶチャンスがある。それは最終的に、我々同様トロロッソにも利益をもたらすことになる」

「その可能性は確かにある。しかしもちろん、トロロッソはコンストラクターズ争いで、彼ら独自の戦いをしている。彼らは戦っているんだ。そして明らかに、それは重要な価値を持っている」

 レッドブルはホンダとの契約を決めた要因について、カナダGPでのアップデート効果を挙げている。しかしカナダ以降のホンダには信頼性の問題が散見され、トップスピード不足という問題も依然として残っている。

 しかしホーナーは、ホンダの状況について心配していないという。その理由として彼は、ホンダPUの性能はコース特性によって隠されていると考えているようだ。

「直近のいくつかのサンプル、例えばオーストリアやシルバーストンなどで我々が見たことからすれば、エンジンの性能は、我々の現在のサプライヤーとかなり近いところにあるのを確認することができる」

 そうホーナーは語った。

「もちろん、トロロッソは過去2戦のサーキットで、様々なダウンフォースを試してきた」

「この結果は、ホンダが正しい軌道に乗っているように感じさせる。彼らは正しい目標を持っているようだ。新しい関係に移行していくに連れ、彼らともっと協力して作業することを楽しみにしている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble, Ben Anderson)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ebi*****|2018/07/19 07:59

    違反報告

    今さらだけど~
    トップカテゴリーのF1なのに
    開発規制を設けのも変だし

    ドライバーにしわ寄せが行くのも変だ

    もしペナルティを課すならチームに
    課すべき
  • dor*****|2018/07/19 20:24

    違反報告

     酷い言い方をすれば、トロは予選でも下位の方なので、ペナルティーを受けても余り問題無いと思う。
    今年は様子見なんでしょ?だったら問題無いよね?バンバン新しいの積んでよ。期待してます。
  • f12*****|2018/07/18 21:34

    違反報告

    マルコー博士の発言を受けて、
    テスト規制が厳しい現状ルールでそれをやったら、
    他のチームから非難は必死だからね。
    火消しに入ったホーナーさんは賢いと思います。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します