現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 引退決断のダニ・ペドロサ、怪我に苦しんだキャリア振り返り「もっと頑丈な身体が欲しかった」|MotoGPニュース

ここから本文です
スポーツ 2018.7.13

引退決断のダニ・ペドロサ、怪我に苦しんだキャリア振り返り「もっと頑丈な身体が欲しかった」|MotoGPニュース

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツGPの木曜記者会見で引退を発表したダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)は自身のMotoGPキャリアを振り返り、怪我に強い身体が欲しかったと語った。

 2001年に125ccクラスに参戦し、世界選手権デビューを果たしたペドロサ。以来、ホンダのバイクに乗り続けてきたが、2018年限りでのMotoGP引退を発表した。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

 MotoGPでは通算31勝を挙げているペドロサ。同時に、そのキャリアは怪我との戦いでもあった。2006年に最高峰クラスにデビューした彼は、負傷によって計10戦を欠場している。

「僕はおそらく、もっと頑丈な身体が欲しかったんだと思う」

 自身のキャリアを振り返ったペドロサは、そう語った。

「僕が問題を抱えたような多くのシチュエーションで、そのインパクトにもっと耐えることができていたら、怪我をより少なくすることができただろう」

 32歳のペドロサは、多くの怪我を負ったことが引退を早めたと認めた。

「いずれにせよ、怪我がここに到達するスピードを速めたのは確かだ」

「以前のスポーツマンは、そのキャリアを今よりももっと早く終わらせていた。それはとても素晴らしいことだ。だけど、僕が負った怪我がそのスピードを速めた」

 ペドロサが引退を決定した一番大きな理由が、全力を尽くすことができず、優先順位が変わったことだという。

「僕が引退に至った何よりの理由は、僕がレーシングに人生を捧げる強度が変化したことだ」

「今はちょっと違っているし、優先順位も少し違う。僕は1000%レースに生きてきたし、自分が持っている全てを捧げてきた。でも自分自身に正直に言えば、今はそれが少し違っているんだ」

「だから現実的に、これは僕が選択しなければならない道だと思う」

 ペドロサは、ヤマハの新しいサテライトチームとなったSICレーシングに移籍が有力視されていた。彼は現役を続行するという選択肢についても言及し、その可能性はあったと語った。

「バルセロナで言ったように、僕にはキャリアについていくつかのアイデアがあった。チャンスは増えていたし、その意味では決してドアを閉めなかった」

「最終的に、僕はそのオプションについて時間をかけて考えた。決断を下す時に時間をかけるのはいいことだ。仲間や家族とともに過ごすよりも、それについて考える時間の方が長かった」

「でも最終的に……フィーリングで引退を決めた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Pablo Elizalde)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します