現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル、“進歩のない”ルノーに強い不満を示す「ホンダはこれから大きく改善するはず」

ここから本文です
スポーツ 2018.7.11

レッドブル、“進歩のない”ルノーに強い不満を示す「ホンダはこれから大きく改善するはず」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPで、自分たちが搭載するルノーのパワーユニットとフェラーリやメルセデスとの差を目の当たりにして、ショックを受けたと述べた。

 フェルスタッペンは最終的にブレーキ関係のトラブルでリタイアするまで、上位を走っていた。しかしフェラーリやメルセデスのマシンとはストレートスピードが違いすぎて勝負にならなかったと、ホーナーは言う。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

「(決勝中)防御するにしても攻撃するにしても、まるで戦えない状態だった」とホーナー。

「リスタートでキミ(・ライコネン)と戦った時の状況を見れば分かる。我々は予選モードで走っていたが、キミとの間には大きな差があった」

「マックスがキミを抑えるのがどれだけ大変だったことか。彼らのリスタート時のスピードはあり得ないようなものだった」

 フェルスタッペン自身も、馬力が違いすぎて、同じカテゴリーのマシンには思えなかったとまで語っている。

「70馬力か80馬力劣っていると苦戦するのは当たり前だ。ストレートではまるで違うカテゴリーのマシンのようだった」とフェルスタッペンは言う。

「正確な数値は分からないけど、ストレートで1秒失っていた。それだけロスが大きかったということだ」

 まるで自分がF2マシンで走っているように感じたかと聞かれると、フェルスタッペンは「そのとおり!」と答えた。

 ダニエル・リカルドは、終盤、ロングスティントを走るメルセデスのバルテリ・ボッタスとの差を縮めていたものの、追い抜くにはいたらなかった。

「彼(リカルド)は、タイヤでは有利でグリップもパフォーマンスもよかったにもかかわらず、バルテリにアタックできなかった」とホーナーは嘆く。

「DRSを使っても遅れていったんだ」

「今のシルバーストンの問題は、全開率が極めて高いことだ。予選では82パーセントをフルスロットルで走る」

「そのためにパワーの重要性が著しく増している。予選ではすべてのコーナーで我々の方がセバスチャン(・ベッテル)より速かった。だが稼いだタイムをストレートですべて失っている」
 レッドブルは長年のパートナー、ルノーとは今季末で袂を分かち、2019年からホンダのパワーユニットを搭載する。ホーナーは、ホンダのパワーユニットに代えてもすぐに状況が好転するわけではないと認める一方で、向上するポテンシャルはルノーよりもホンダの方が大きいとの考えを示した。

「現時点でホンダとルノーは似たような状況だ。ただポテンシャルと開発が重要となる」とホーナー。

「ホンダは前とのギャップを縮めるために作業を進めている。その取り組みを我々は信じているのだ。ルノーは毎年同じことの繰り返しだ。だが、ホンダは大きく進歩していると思う。そういう意味で正しい選択だといえるだろう。変えるべき時が来たということだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します