現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1イギリスGP FP2:ベッテルがトップタイム、ガスリーは13番手もトラブル発生

ここから本文です
スポーツ 2018.7.6

F1イギリスGP FP2:ベッテルがトップタイム、ガスリーは13番手もトラブル発生

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イギリスGPの午後には日差しがいっそう強くなり、午後2時からのFP2は気温26℃、路面温度51℃まで上昇した。ただし湿度が36%しかないこともあって、日陰ではひんやり涼しいのが日本の夏と違うところだ。 

 開始後15分、マックス・フェルスタッペンがいきなりクラッシュを喫する。ターン7の立ち上がりでスロットルを空けたところでスナップオーバーステアが出て、スピン。ガードレールに突っ込んでしまった。コース上に散乱した破片の片づけのために、10分間の赤旗中断となった。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 セッション前半はキミ・ライコネンがソフトでトップに立ち、その後も自己ベストを更新。しかしセバスチャン・ベッテルが約コンマ5秒差を付ける1分27秒552のタイムで、首位を奪い返す。その後バルテリ・ボッタスがソフトで2番手に付けるが、ベッテルにはコンマ357秒離されている。


 開始後57分。ソフトタイヤで13番手タイムを出したばかりのガスリーが、ターン3付近で止まってしまう。ガスリー自身は、「パワーユニットの問題だ」と無線で伝えている。

 チームからはすぐに、「エンジンを止めろ」という指示が飛んだ。初日終了後に積み替え予定だった旧仕様スペックだったとはいえ、今季も依然として信頼性に問題なしとは言えない。ブレンドン・ハートレーは午後のセッションも18番手と、今一つピリッとしない初日だった。

 このセッショントップは、ベッテル。ルイス・ハミルトンがコンマ187秒差で2番手。ボッタス、ライコネン、ダニエル・リカルドと続き、フェルナンド・アロンソが6番手タイムを叩き出して中団トップの速さを見せた。さらにソフトでロングランに移行してからは、シャルル・ルクレールと抜きつ抜かれつのバトルまで見せてくれた。

 午前中クラッシュを喫したロマン・グロージャンは、マシンの修理が間に合わず午後のセッションは1周も走れなかった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します