現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1イギリスGP FP1:ハミルトンがトップタイム、トロロッソ・ホンダのガスリーは12番手

ここから本文です
スポーツ 2018.7.6

F1イギリスGP FP1:ハミルトンがトップタイム、トロロッソ・ホンダのガスリーは12番手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 西ヨーロッパは先週来から熱波が居座り、イギリスも連日30℃前後の暑さが続いている。イギリスGP初日も晴れ。気温19℃、路面温度33℃というコンディションの下、午前10時からフリー走行1回目が始まった。  

 名うての高速コースであるシルバーストンは、タイヤへの負荷も非常に高い。そのためピレリはハード、ミディアム、ソフトという最も固いコンパウンドの組み合わせを、今季初めて投入した。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

 一方でコースは全面的に再舗装されているが、ルイス・ハミルトンは「今までこんなにバンピーなコースを走ったことがない」と、訴えている。

 前戦オーストリアGPで2台リタイアを喫したメルセデスは、バルテリ・ボッタスのパワーユニットを3基目に交換した。チーム側は、「リタイア直後に高温の状態が続いたので、念のために交換した。だからといって、このPUがもはや使用不能というわけではない」と、説明している。

 40分経過した時点で、ミディアムを履いたハミルトンが1分28秒908でトップ。同じコンパウンドのセバスチャン・ベッテル、マックス・フェルスタッペン、キミ・ライコネンが続いている。フェルナンド・アロンソだけがこの時点で、まだタイムを出していない。


 開始後59分。直前に4番手の速さを見せたロマン・グロージャンが、1コーナーのブレーキングでスピン。2コーナーまでグラベルを飛んで行き、タイヤバリアに激突した。バーチャルセーフティカーが導入された。しかし、VSCはほどなく解除され、ソフトに履き替えたハミルトンが、1分27秒487の自己ベストでボッタスを上回り、再びトップに立った。

 終了5分前。全20台中唯一、ミディアムでのみ周回を重ねていたフェルスタッペンが、メインストレートで減速。コース脇に止まってしまった。「ギヤボックストラブルだ」と、本人は報告している。

 このセッションは、ハミルトン、ボッタスのメルセデス勢が1-2を占め、ハミルトンの最速タイムはすでに昨年の自身のQ2最速タイムをコンマ3秒以上しのいでいる。トロロッソ・ホンダは、新エアロパッケージを装着したピエール・ガスリーが12番手、ブレンドン・ハートレーは19番手だった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します