現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 不振のマクラーレン、レーシングディレクターのエリック・ブーリエがホームレースを前に辞任

ここから本文です
スポーツ 2018.7.4

不振のマクラーレン、レーシングディレクターのエリック・ブーリエがホームレースを前に辞任

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンは、2014年の1月からレーシングディレクターを務めてきたエリック・ブーリエが辞任したと発表した。


 今季からルノー製のパワーユニットを搭載し、表彰台獲得を目標としていたマクラーレン。しかし今季のマシンMCL33は空力的な問題を抱え、開発目標を達成することができなかった。

    伝説的F1デザイナーのジョン・バーナード「マクラーレン復活には抜本的な立て直しが必要。でもそれに耐えられるかは……」

 レースオペレーションの責任者であるブーリエに対するプレッシャーは数週間前から徐々に高まってきていたが、チームにとってのホームレースとなるイギリスGPを前に、ブーリエの辞任がチームから発表された。


 チームは今後、”技術リーダーシップチームの簡略化”を進め、スポーティングディレクターの役職を新設。インディ500勝者で昨年フェルナンド・アロンソがインディ500に参戦した際にアドバイザーを務めたジル・ド・フェランが、その役に就くという。

 ブーリエは「マクラーレンのような素晴らしいチームと4年に渡って仕事をできたことを誇りに思っている。だが今が、私が辞任する正しいタイミングだと認識している」と語った。

「今シーズン残りのレース、そして今後も、マクラーレンのみんながベストな時を過ごせるよう願っている」

 マクラーレンCEOのザク・ブラウンは、2018シーズンの不振はチームの”システムと構造”に原因があり、内部から大きな変更をする必要があるとしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します