現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルノー「レッドブルからの約32億円の収入を失っても予算に影響はない」

ここから本文です
スポーツ 2018.6.26

ルノー「レッドブルからの約32億円の収入を失っても予算に影響はない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノー・スポールF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、顧客としてのレッドブルを失うことでルノーの収益は減少するものの、予算に影響はないと述べている。

 12年に及ぶパートナーシップのなかで、レッドブルはドライバーズおよびコンストラクターズタイトルをそれぞれ4度獲得しているが、今シーズン末でルノーとの関係を解消し、ホンダとの提携関係に切り替えることになる。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

 今シーズンにトロロッソを失ったことも合わせると、今回の提携解消でルノーは年間約2500万ユーロ(約32億円)の収入源を喪失することになる。

「収益は減るが、予算が減ることはない」とアビテブールはフランスのL'Equipe紙に語った。

「レッドブルにエンジンを供給するのには費用がかかったが、それが大きな収益を生み出すことはなかった。だからレッドブルと決別しても我々の予算に影響はない」

 パワーユニット開発において、ルノーは自身のワークスチームに加えて、唯一のカスタマーであるマクラーレンを頼ることになるだろう。

「我々はエンジンを彼らに供給する。なぜなら2チームからデータを収集することが重要だからだ」とアビテブールは言った。

「会社の利益のために、そしてマーケティングの観点から、我々のチームとともにエンジン開発を進めていく」

 レッドブルの将来のプランが明確になったことで、ルノーは悩みが軽減されて少しは安堵しましたか?と尋ねられたアビテブールは、その言い方に意を唱えた。

「これは失敗に終わったという話ではないから、安堵するという表現は好まない。私は論理的な開発についての話をしたい」

「ただ我々にとってハッピーなことだと感じている。なぜなら2021年に向けた準備に集中できるからだ。それから、レッドブル・レーシングとホンダにとってもよかったと思う。彼らは新たなパートーナーを見つけたし、これでF1のマニュファクチャラーが4つになるからだ」

「我々は回答を必要としていたので、パートナーを少し急がせたのだ。彼らには感謝している」とアビテブールは付け加えた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します