現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > デビッドソン、トヨタの”勝利への執念”に驚嘆「まるで宇宙飛行に挑む”NASA”のようだ」|ル・マン24時間

ここから本文です
スポーツ 2018.6.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TOYOTA GAZOO Racingのリザーブドライバーを務めるアンソニー・デビッドソンは、チームがル・マン24時間レースに向けて取り組んでいる信頼性の追求は、まるで宇宙飛行に臨む”NASA”のようなレベルだと話した。

 過去2年、トヨタはル・マン24時間に最速のマシンを持ち込んだ。しかしながら技術的なトラブルなどにより、その勝利を逃してきた。

 2016年は中嶋一貴のドライブでトップを走っていた5号車に、残り時間わずか数分というところでトラブルが発生。ホームストレートでマシンを止め、まさかのリタイアに終わった。(motorsport.com 日本版)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く