現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 日産が「IMk」とともにピュアEVの「アリア・コンセプト」をワールドプレミア!

ここから本文です
モーターショー 2019.10.26

日産が「IMk」とともにピュアEVの「アリア・コンセプト」をワールドプレミア!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近未来の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化

10月23日、日産自動車は10月25日から一般公開される「第46回 東京モーターショー2019」において、EVクロスオーバーのコンセプトカー「アリア・コンセプト」を世界初公開した。

    東京モーターショーでの三菱の見どころはPHEVバギーと軽スーパーハイトワゴン!

このコンセプトカーは、同時に世界初披露された小型シティコミューターのコンセプトモデル「IMk」とともに、今後同社が展開していくEVの方向性を示すモデルで、最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現するものだ。



「アリア・コンセプト」は、発光する力強い形状のVモーショングリルや特徴的なブレード型のリヤコンビネーションランプ、そして短いオーバーハングやラウンジのようなインテリアなど、これまでの常識にとらわれない新しさに満ちており、近い将来に登場する量産モデルのコンセプトを示唆している。

全長4600×全幅1920×全高1630mmのボディには、前後アクスルに高出力モーターを配置したツインモーター4輪制御システムを搭載。瞬時に緻密なトルクコントロールが可能な電動モーターを前後に合計2基設置することによって、高次元の発進、加速性能を実現。さらに前後のモータートルクやステアリング、ブレーキなどを統合制御することによって、雪道やぬかるんだ道などの滑りやすい路面においても優れたトラクション性能を発揮。操作に応じて最適な駆動力コントロールとブレーキ制御を行なうことで、ドライバーの思い通りのドライビングを実現する。この統合制御技術は、エンジニアが、「GT-R」に搭載されているATTESA E-TSや「エクストレイル」に搭載されているインテリジェント4x4などの開発から得たノウハウを基に開発したという。

現行「スカイライン」から採用のはじまった最先端の運転支援システム「プロパイロット2.0」を含めて、先進技術の導入は多彩だ。「ドア・ツー・ドア ナビゲーション」は、スマートフォンで設定した目的地を車載ナビゲーションシステムと共有することで、乗車前はスマートフォン、乗車中は車載のナビゲーションシステム、降車後はスマートフォンによって乗車前後の徒歩ルートも含め、出発地点から最終目的地までシームレスにドライバーを案内する。

「バーチャル パーソナル アシスタント(VPA)」は、乗員が車内に乗り込むとナビゲーションを開始。VPAから提供される駐車場の情報や走行中に必要な情報より、ドライバーは自ら情報検索をする必要がなく、運転に専念することができる。また、ルートの途中で友人をピックアップする場合は、友人のスマートフォンとクルマに搭載されたビデオチャット機能をリンクすることにより、友人がいる正確な位置を車載モニター上に表示することが可能だ。

「スマート・ルート・プランナー」は、走行中に自動で充電スポットを見つけ、目的地に到着するまでの充電計画を提示。充電の際にドライバーが充電スポットに近づくと充電口が自動で開錠され、鮮明な色で充電状況を表示する。

クルマが目的地に到着した後は「プロパイロット・リモートパーキング」をスマートフォンや専用デバイスで操作し、クルマを自動駐車させることができる。ドライバーが降車してからリモート操作で駐車ができるので、駐車スペースが狭くドアを大きく開けることが難しい場合などにも便利な機能だ。









  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB 細田靖)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します