現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 低予算でもアイデア次第でイメージチェンジ?塗りわけ術|フジモンのクルマ生活豆知識 129

ここから本文です
カー用品 2018.9.2

低予算でもアイデア次第でイメージチェンジ?塗りわけ術|フジモンのクルマ生活豆知識 129

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマのイメージを変えるのに有効な手段でもある塗りわけ。クルマに対するコダワリが見えるポイントでもある。

差し色を上手く

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

一般的なドレスアップでのエアロパーツの塗りわけとは少し違うが最近ではディーラーで販売している新車のアクセサリーでもカラーリングを意識した車両も多く出ている。ディーラーのアクセサリーの場合フロント、リア、サイドのガーニッシュやミラーグリルといった大きなパーツが主体であるが車にインパクトを与えたり、スポーティにみせたりといったカラーリングを楽しむことができるようなものが多くなってきている。

エアロパーツの塗りわけはコダワリどころ

ドレスアップユーザーにとってアフターパーツでエアロパーツを導入したときに塗りわけはこだわりたいポイント。塗りわけの色にどういった色を持ってくるかでクルマのイメージは大きく変えることができる。例えば黒色がベースの車両に白色の塗りわけをすればモダンなイメージになるが、金色を入れればゴージャスな雰囲気へと変更することができる。このように折角エアロパーツを装着するというのであれば、車両の色に揃えて塗ってしまうだけでなく、塗りわけを検討してみるといい。

どこをどれだけ塗りわけるか?

塗りわけでイメージが変わるのはわかったけど、どこをどれだけすればいい? と悩む人も多いかもしれない。そういった場合は、エアロパーツのメーカーのデモカーや同じパーツを装着している人の塗りわけ術から学ぶのが手っ取り早い。メーカーのデモカーなどで塗りわけされているような内容を参考に、自分のクルマの色などを踏まえて考えてみるとイメージしやすい。また、要所々々でココは塗りわけするが、あえてココは塗り分けしないといったカタチで、分けて検討するのもアリだ。当然、最初は塗りわけしていない状態から後から塗りわけするのもアリなので、イメージチェンジのときにも検討してみるのもいいかもしれない。

(フジモン)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ドレナビ 「編集部」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します