現在位置: carview! > ニュース > イベント > 新旧フェラーリが走りを披露 グッドウッド映像

ここから本文です
イベント 2016.7.1

新旧フェラーリが走りを披露 グッドウッド映像

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェラーリは、6月24日から26日にかけて英ウェスト・サセックスで開催されたグッドウッド フェスティバル オブ スピードで、GTカーや「コルセ・クリエンティ」のモデルを披露した。コルセ・クリエンティとは、フェラーリの引退したF1マシンなどの管理・運営を行う部門である。

またレーシングドライバーの姿も見られた。たとえば元F1ドライバーでスクーデリアフェラーリのテストドライバーを務めるマルク・ジェネ、元F1ドライバーのルネ・アルヌー、世界耐久選手権やルマン24時間レースのドライバーのサム・バードなど錚々たる顔ぶれが集まり、会場で1周1.16マイルのヒルクライムコースで走りを披露した。

    フェラーリ ポルトフィーノは先代カリフォルニアTと別モノに進化していた

スーパーカーパドックには、UK初公開となる「カリフォルニアTハンドリングスペチアーレ」や「488スパイダー」「F12 Tdf」などが展示。さらに顧客からの要望に応えてワンオフで製作された「458MMスペチアーレ」も姿を見せた。

ほかにコルセ・クリエンティからは「488 GT3」や「FXX EVO」「599XX EVO」「FFK K」が出展。加えて2009年のスクーデリアフェラーリが展示に加え、マルク・ジェネのドライブでその走りを披露した。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します