サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ただの親バカではなかった⁉︎ アストンマーティンF1の裏にあるストロール父の壮大な戦略【大谷達也のモータースポーツ時評】

ここから本文です
 モータースポーツだけでなく、クルマの最新技術から環境問題までワールドワイドに取材を重ねる自動車ジャーナリスト、大谷達也氏。本コラムでは、さまざまな現場をその目で見てきたからこそ語れる大谷氏の本音トークで、国内外のモータースポーツ界の課題を浮き彫りにしていきます。

 今回のテーマは、アストンマーティンF1。ローレンス・ストロールがアストンマーティンを買収し、ワークスチームとしてF1参戦を決めた背景には、一流ビジネスマンらしい、したたかな戦略が隠されていました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ