サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリのベッテル「突然エンジンが壊れた」ペナルティなしの交換へ【F1第5戦金曜】

ここから本文です

 2020年F1 70周年記念GPの金曜、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはフリー走行1=7番手/2=14番手だった。

 FP1で21周を走り1分27秒498、FP2で30周のなかで1分27秒198を、それぞれソフトタイヤでマークした。

「ベッテルがアストンマーティンF1と3年契約」とイタリアメディアが報じる

 ベッテルは、FP2残り約5分というところで、トラブルによりコース脇にマシンをとめた。フェラーリによると、エンジントラブルが発生したということだ。「徹底的に分析し、トラブル原因を探るため、ダメージを負ったエンジンはマラネロのファクトリーに戻す」とフェラーリは述べている。エンジン交換が必要になるが、ベッテルはペナルティは受けない。

おすすめのニュース

サイトトップへ