サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クビサ、アルファロメオC39に衝撃「思考が止まり、フィーリングを解き放つのに2、3周かかった」

ここから本文です

 アルファロメオのリザーブドライバーを務めるロバート・クビサは、アルファロメオの2020年型マシン『C39』と、2019年にレースをしたウイリアムズのマシンを比較して、C39が生み出すダウンフォースレベルに対して大いに驚いたようだ。

 第2回目のバルセロナテスト初日の午前、カタロニア・サーキットでクビサはトップタイムを記録した。クビサは全力を尽くし、2番手タイムを記録したアルファタウリのピエール・ガスリーを0.5秒以上も上回った。

クビサが1分16秒台。レッドブル&アルファタウリ、トラブルで走行時間失う/第2回F1テスト デイ1

 しかし35歳のクビサは、自身が達成したことを重要視していなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ