サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリF1のテストにルクレール&サインツが登場、2018年型車で走行「早く新車の出来を確かめたい」

ここから本文です

 スクーデリア・フェラーリは、1月27日、フィオラノでのテスト2日目を迎えた。初日はテストドライバーのロバート・シュワルツマンが走行、2日目には、レースドライバーのカルロス・サインツとシャルル・ルクレールが2018年型SF71Hで周回を重ねた。

 9時半過ぎにサインツがコースイン。気温3度、路面のところどころが湿っている、理想的とはいえないコンディションのなかで走行を開始、午前中に59周(約176km)を走った。

フェラーリF1、2018年型SF71Hでのテストを一日遅れで開始。直前のマシン変更により日程短縮へ

 フェラーリが2022年F1シーズンへの準備の一環として行っている今週のテストについて、サインツは次のように語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ