サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2022年のFIA-F2/FIA-F3のカレンダーが発表に。F2は最多の14大会28レースを実施へ

ここから本文です

2022年のFIA-F2/FIA-F3のカレンダーが発表に。F2は最多の14大会28レースを実施へ

2022年のFIA-F2/FIA-F3のカレンダーが発表に。F2は最多の14大会28レースを実施へ

 10月15日(金)、2022年シーズンのFIA-F2とFIA-F3のカレンダーが発表された。今回の発表によれば、来年はF2が全14大会28レース、F3は全9大会18レースで争われるという。

 今季のF2とF3はそれぞれF1と併催で行われてきたものの、F3の最終戦が急きょ日程を変更してソチで行われた以外は、同じ週末に開催されることはなかった。両選手権のCEOを務めるブルーノ・ミシェルは、このフォーマットは効率的だったものの、F2とF3を別々の週末に開催することで次のレースまでに期間が空いてしまうという問題点があったと認めた。これを踏まえてスポーティングレギュレーションが変更になり、2022年はF1と併催で、両選手権とも1大会2レース制になることがすでに決まっている。

F1新時代を迎える2022年のカレンダーが発表。マイアミを加えた史上最多23戦、日本GPは10月9日の第19戦

 来季のF2はF1の開幕戦と同様にサクヒールで開幕を迎え、ダブルヘッダーのジェッダに向かう。その後はバクーを含むヨーロッパラウンドを転戦し、サマーブレイク明けはスパ・フランコルシャン、ザントフォールト、モンツァの3連戦となる。その後9月末にソチに向かい、11月にアブダビで閉幕。この選手権が2017年にF2となって以降、14大会28レースというのは最多の開催数となる。

 一方F3もサクヒールで開幕し、サマーブレイクまでにイモラ、バルセロナ、シルバーストン、シュピールベルグ、ブダペストの6大会を戦う。その後はスパ・フランコルシャン、ザントフォールトと連戦を経て、9月のモンツァが最終戦だ。

 今回発表されたカレンダーについて、ミシェルはF2、F3の公式サイトで以下のように述べた。

「14大会28レースという、F2史上最大のカレンダーをお届けできることを嬉しく思う。これは、F2をできるだけ多くのF1グランプリと併催したいという関係者の強い要望によるものだ」

「週末のレースプログラムにF2を加えることについて、多くのサーキットが興味を示している。だがコスト面の理由から、ラウンド数をこれ以上増やすことはできない。もちろんこのカレンダーによってチームの予算は増加するだろうが、彼らが追加のコストをなんとかやりくりできるように、我々はサポートするつもりだ」

「2022年のF3は、2021年に比べて2戦多くF1の週末に開催される。これによってF3のドライバーは今年以上にF1のコースでレースを行うことができるようになる」

■FIA-F2 2022年カレンダー(2021年10月15日発表)
Round日程開催地13月18~20日サクヒール(バーレーン)23月25~27日ジェッダ(サウジアラビア)34月22~24日イモラ(イタリア)45月20~22日バルセロナ(スペイン)55月27~29日モンテカルロ(モナコ)66月10~12日バクー(アゼルバイジャン)77月1~3日シルバーストン(イギリス)87月8~10日シュピールベルグ(オーストリア)97月29~31日ブダペスト(ハンガリー)108月26~28日スパ・フランコルシャン(ベルギー)119月2~4日ザントフォールト(オランダ)129月9~11日モンツァ(イタリア)139月23~25日ソチ(ロシア)1411月18~20日ヤス島(アブダビ/アラブ首長国連邦)

■FIA-F3 2022年カレンダー(2021年10月15日発表)
Round日程開催地13月18~20日サクヒール(バーレーン)24月22~24日イモラ(イタリア)35月20~22日バルセロナ(スペイン)47月1~3日シルバーストン(イギリス)57月8~10日シュピールベルグ(オーストリア)67月29~31日ブダペスト(ハンガリー)78月26~28日スパ・フランコルシャン(ベルギー)89月2~4日ザントフォールト(オランダ)99月9~11日モンツァ(イタリア)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します