サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 福住仁嶺、タイヤ交換義務消化せず失格。規則の解釈に関し「理解がなっていなかった」と道上監督|スーパーフォーミュラ第4戦

ここから本文です

 オートポリスで行なわれたスーパーフォーミュラ第4戦。13番手でフィニッシュした福住仁嶺(ThreeBond Drago CORSE)は、レース後に失格の裁定を受けた。

 決勝の正式リザルトを見ると、福住がタイヤ交換義務に関する規則を違反したことが失格の原因であると示されている。福住はレース中にピットインしてタイヤを交換しているが、これが義務を満たしたとは判定されなかった、という訳だ。

■野尻智紀の連覇に“待った”! 平川亮が今季2勝目、8番グリッドからの大逆転|スーパーフォーミュラ第4戦

 今回のオートポリス戦の大会特別規則には、タイヤ交換義務について次のように記されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ