サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ケーシー・ストーナー、慢性疲労症候群との闘病を告白「健全な生活が送れない」

ここから本文です

 2007年と2011年にMotoGPクラスのチャンピオンに輝き、現在は現役を退いているケーシー・ストーナー。彼は母国オーストラリアのポッドキャスト番組の中で、『慢性疲労症候群』の深刻な症状に対処するために薬物治療を行なっていることを告白した。

 彼が病を患うのはこれが初めてではない。彼はドゥカティに所属していた2009年、体調不良で3レースを欠場。これは後に、消化器系の疾患である『乳糖不耐症』によるものだと判明した。

■”若きレジェンド”ストーナー、引退生活に満足「もうレース必要ない」

 ストーナーが現在苦しんでいる慢性疲労症候群は、原因不明の倦怠感に突然襲われ、健全な日常生活を送ることができないという病気だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ