サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1モナコFP1速報:ルクレール首位、ペレスが2番手に続く。角田裕毅は11番手

ここから本文です

 F1第7戦モナコGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムを記録したのは、フェラーリのシャルル・ルクレールだった。

 歴史と伝統あるモナコGP。ただ、今年は例年のように木曜日にフリー走行を行なうのではなく、通常のグランプリと同じく金曜日が走行初日となった。

■【動画】オンボード映像で振り返るF1モナコGP

 地元レースで何としても良い結果を出したいルクレールは、1分14秒531をマーク。僅差ながら最初のセッションをトップで終えた。

 2番手は0.039秒差のセルジオ・ペレス(レッドブル)。3番手にはフェラーリのカルロス・サインツJr.が、0.070秒差で続いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン