サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予選8番手に沈んだボッタス、不安定なマシンを信頼できず「これまでになかった問題が起きていた」|F1エミリア・ロマーニャGP

ここから本文です

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGP初日の2セッションでトップとなったものの、予選ではまさかの8番手に終わった。その原因について、彼はマシンのリヤエンドを信頼できなかったからだと語った。

 FP1、FP2共にトップタイムを記録したボッタスは、グランプリ初日を終えた段階でプレシーズンテストやバーレーンGPを通じて悩まされてきたマシンバランスが「かなり良くなった」とコメントしていた。

■ハミルトン、渾身のアタックに大満足「レッドブル2台の前に出られるとは思っていなかった」

 しかし予選では、ポールポジションを獲得したチームメイトのルイス・ハミルトンとは、0.487秒の差をつけられ8番手に沈んでしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ