サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新型BMW S1000RRで鈴鹿初テストを行ったTONE RT SYNCEDGE4413 BMW。鈴鹿8耐SSTクラス2連覇を目指す

ここから本文です
 TONE RT SYNCEDGE4413 BMWが7月12日(日)に三重県・鈴鹿サーキットで鈴鹿8時間耐久ロードレースに向けたテストを行った。大雨に見舞われている日本列島だが、この日は朝からドライコンディションで走ることができていた。一般のスポーツ走行で様々なレベルのライダーが走るためスピード差があり、いたるところで引っかかる場面もあったが、そこは想定内。チームとしては、今シーズンより使用するニューBMW S1000RRにピレリタイヤの組み合わせで初めて走る鈴鹿でのベースセットを探るのが一番の目的だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ