サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】乱立する“仕様違い”がホンダ理解の妨げに? ポル・エスパルガロ「パッケージが悪いのか自分が悪いのか……混乱する」

ここから本文です

 レプソル・ホンダのポル・エスパルガロはMotoGPスペインGPを13番グリッドからスタート。しかしトップ10以上に進むことはできず、さらに復帰間もないチームメイトのマルク・マルケスの後塵を拝し、10位でレースを終えた。

 ホンダ移籍後は苦戦が続くエスパルガロだが、彼は今回のレースではマシンのフィーリングが悪く、そのパフォーマンスには満足できていないという。

■MotoGPヘレステスト:ビニャーレスが最速。ホンダは新型カウルテストも、マルケス早退

「単にフィーリングがとても悪かった。トラクションもなかったし、コーナリングも、速度も良くなかった」と、エスパルガロは語る。

「スムーズに乗ることができなくて、ペースもついてこなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン