サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1メカ解説|メルセデスのワイドなフロアは不利なのか? 他チームは”隠しステー”を使用

ここから本文です
 メルセデスの今季マシン『W13』はポーパシングの問題に悩まされ続けている。斬新なゼロポッドのコンセプトで進展がない中で、カタルニア・サーキットで開催されるスペインGPは、このコンセプトの今後を占う鍵を握っている。

 スペインGPは、メルセデスが貴重なデータを集めることができるレースとなるだろう。メルセデスがゼロポッドを導入したのは、バーレーンでの第2回プレシーズンテストから。バルセロナで行なわれた第1回プレシーズンテストでは、より標準的なサイドポッドで走行していたのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ