サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 佐藤琢磨、インディ500予選は10番手。でも決勝には大きな期待「トラフィックで強力なマシンがある」

ここから本文です

 2022年インディ500予選2日目が行なわれ、デイル・コイン・レーシング with RWRの佐藤琢磨は10番手で予選を終えた。

 プラクティスでは連日最速を記録し、インディ500”3勝目”への期待が高まっている佐藤琢磨。予選初日は12番手でなんとか2日目”トップ12”予選へと駒を進めた、

■佐藤琢磨、インディ500決勝は10番手スタートへ。ディクソンが最速PP記録塗替えトップ|インディ500予選

 佐藤はトップ12で4周の平均速度231.670mphを記録し10番手。ポールポジションを決する上位6台による”ファスト6”に進出することはできなかった。

「インディ500のポールデイとなった今日、僕たちはトップ10の結果を残しました。

おすすめのニュース

サイトトップへ