サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】テルエルGP13位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ「タイヤが完全に終わっていた」タイトルの芽は潰えた?

ここから本文です

 モーターランド・アラゴンでのMotoGP2連戦は、チャンピオンシップのランキング上位につけるアンドレア・ドヴィツィオーゾにとって厳しいレースの連続だった。


 10月25日に行なわれた第12戦テルエルGPで、ドヴィツィオーゾは予選17番手と低迷。決勝では追い上げることが急務となっていた。

■これぞ“マルケス”イズム? 表彰台を目指しての転倒は「ただの入賞よりマシ」と弟マルケス

 そしてドヴィツィオーゾはレース中徐々にポジションを上げ、中盤には9番手まで浮上していた。しかし8コーナーでブレーキングミスをしてしまうと、大きくポジションを落とし、結果的に13位フィニッシュとなってしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ