サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW コンパクト・オープン「2シリーズ カブリオレ」が新登場

ここから本文です

BMW コンパクト・オープン「2シリーズ カブリオレ」が新登場

BMW コンパクト・オープン「2シリーズ カブリオレ」が新登場

2015年3月25日、BMWジャパンは、新たなコンパクト・オープン・モデル「2シリーズ カブリオレ」を発表。4月11日から発売する。

2シリーズ カブリオレは、これまでに世界で13万台以上を販売した1シリーズ カブリオレの後継モデルとなる。この新型2シリーズ カブリオレは、取り回しの良いC+セグメントのコンパクトなボディで、スポーティさとエレガントで美しいスタイリングを融合させたている。今回は220iカブリオレのみで、グレードはラグジュアリー、スポーツ、Mスポーツという3種類を設定している。

2シリーズ カブリオレはクラス最大のラゲッジ・ルーム容量(電動ソフトトップを閉めた状態で335L、展開した状態で280L)や優れた居住性を持つリヤシートなど、日常での十分な実用性も備えた4シーター・オープンモデルだ。またセグメント唯一の後輪駆動で、約50:50の前後重量配分により、スポーティかつ俊敏なハンドリング性能を備える。

カブリオレのルーフは、走行中でも50km/h以下であればボタン操作で20秒で開閉可能な電動ソフトトップとなっており、ドライビングプレジャーと爽快なオープンエア・ドライビングを堪能することができる。

装備は、8.8インチのディスプレイを持つ「iDrive ナビゲーションシステム」(DSRC対応、ETC車載機付き)、歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車載の通信モジュールを利用し乗員の安全と車両の状態を見守る「BMW SOS コール」、「BMWテレサービス」などを標準装備している。

エンジンは、ツインスクロールターボチャージャー、高精度ダイレクト・インジェクション、バルブトロニックを採用した2.0L・4気筒ツインパワー・ターボエンジンを搭載。最高出力184ps/5000rpm、最大トルク270Nm/1250-4500rpmを発生。8速ATを組み合わせている。

オプションのトランクスルーモーターボートのデッキをイメージしたインテリア耐候性の高いソフトトップソフトトップの後端部燃費を向上させるためにオートスタート/ストップや燃費を高めるコースティング機能付きECO PROモード、空気抵抗の低減に貢献するフロントホイールのエア・カーテンなども備えており、JC08モード燃費は15.8km/L。

この記事を画像付きで読む(外部サイト)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します