サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1、レッドブルが恐れる“ロケットエンジン”をサウジアラビアで使用へ。高速サーキットで威力を発揮するか

ここから本文です
 メルセデスは、F1第21戦サウジアラビアGPで勝利を狙うため、ルイス・ハミルトンに最も走行距離が少ないエンジンを使用させると述べている。

 ハミルトン車にはブラジルGPで新しいICE(エンジン)が入れられた。メルセデスのエンジンは新しいうちは非常にパワフルで、メルセデス自体が認めているように、その後大幅にパワーが落ちていく。ブラジルでハミルトンはフレッシュエンジンのアドバンテージを生かし、スプリント予選では最後尾から5番手までポジションアップ、決勝では10番グリッドから優勝を勝ち取った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン