サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1、角田裕毅のアドバイザー的役割をアルボンに託す

ここから本文です
 レッドブル首脳陣は、レッドブル・ホンダF1のリザーブドライバーであるアレクサンダー・アルボンに、アルファタウリ・ホンダのルーキー、角田裕毅をサポートする役割を与えたといわれている。

 2021年にF1にデビューした角田は、デビュー戦から入賞を果たしたものの、その後、苦労するグランプリもあった。チーム代表で若手ドライバー育成の経験豊富なフランツ・トストは、ルーキーがF1に慣れるにはある程度の時間が必要であるとして、角田を長い目で見ていきたいと述べており、首脳陣は、角田をサポートするため、彼の拠点をイタリアのファクトリー近くに移すことを決めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ