サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1で使用禁止になった”画期的”デバイス1:ティレルが97年に導入……各チームが追従したXウイング

ここから本文です

 ティレルは、1997年のマシン025に、Xウイングと呼ばれる特異な形状のウイングを投入した。これは追加のダウンフォースを獲得するためのデバイスであり、FIAが介入する前に、様々なチームも追従。激しい開発競争が巻き起こった。

 このXウイングは、レギュレーションの”抜け穴”をチームが見つけたことに端を発する。これにより、乱れていない気流を活用すべく、車体本来の高さや幅を超えた部分にウイングレットを配置することになったのだ。

■F1の歴史をガラリと変えた、奇抜なアイデア。ティレル019”ハイノーズ”誕生秘話

 ティレルは1997年、追加のダウンフォースが必要な数レースに限ってこのXウイングを使用した。

おすすめのニュース

サイトトップへ