サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > もうF1には戻ってこれないだろう……元ウイリアムズのセルゲイ・シロトキンは“セカンドキャリア”を歩み始める?

ここから本文です

もうF1には戻ってこれないだろう……元ウイリアムズのセルゲイ・シロトキンは“セカンドキャリア”を歩み始める?

もうF1には戻ってこれないだろう……元ウイリアムズのセルゲイ・シロトキンは“セカンドキャリア”を歩み始める?

 ロシア人レーシングドライバーのセルゲイ・シロトキンは、2018年の1シーズン限りでF1のレギュラーシートを失った。彼はF1に復帰するのは難しいと感じており、その現実はこれまで以上に重くのしかかっているようだ。

 シロトキンは2015年、2016年と2年連続でGP2(現FIA F2)ランキング3位を獲得し、2018年にランス・ストロールのチームメイトとしてウイリアムズからF1デビューを果たした。

■バンドーン「僕の力強いパフォーマンスに、誰も気付いてくれなかった」と嘆く

 しかしウイリアムズが低迷期に入っていたこともあり、シロトキンはランキング20位(入賞1回)に終わった。そしてチームは翌年、ジョージ・ラッセルとロバート・クビサを起用することを決め、シロトキンはシートを失うこととなった。

 その後シロトキンは2019年シーズンをルノーとマクラーレンのリザーブドライバーとして過ごしたが、2020年のレギュラーシート獲得には繋がらなかった。

 ウイリアムズの戦闘力が著しく低かったとはいえ、シート喪失はシロトキンにとってキャリアの分岐点であったと言える。彼はmotorsport.comに対し、次のように語った。

「(シートを失った)この辛さは今後もっと大きくなってくるだろう」

「僕が入った時点でウイリアムズは競争力を失っていたし、次の年も状況が劇的に変わることはないだろうと思っていた。だから(ウイリアムズから離れて)1年の“ギャップ・イヤー”を作れば、ロバートとシート争いをするよりも良い選択肢があるんじゃないかと思っていた」

「しかし、高望みし過ぎていたということもあって、最終的に目標を達成することはできなかった。さらにもう1年を失うとなると、次の年(2021年)にグリッドに戻ってくることはかなり困難になるだろう」

「そんな感じで、夢は永遠に届かないものになってしまうのかもしれない」

「正直、それについて考えなければ良いだけなんだけど、時々それを思い出してしまう。僕にも感情はあるし、(F1)は僕の人生にとって重要なものだったから、この辛さはずっと残っていくだろう」

 シロトキンは、24歳にしてそのような状況に直面することがF1というスポーツのひとつの特徴だと語り、こう続けた。

「僕が23歳から24歳の間に、人生をかけて取り組んだことがうまく行かなかった。それは辛い。本当に辛いことだ」

 そんなシロトキンは2020年の活動計画を明らかにしていないが、モスクワを拠点とするSMPレーシングのカートアカデミーにコーチとして携わる予定だ。グランプリレースの世界から離れた彼にとって、それが“自分自身を表現する”方法だからだ。

「(レースを)モスクワから見ていると、F1がどんなものなのか忘れてしまう。一方でパドックに行けば、全てが懐かしく、馴染みのあるものたちばかりだ」

「でも、そこに僕の乗るマシンはなくて、僕は何もしていない。結局レースをTVかコンピューターで見るだけだ。それを受け入れるのは難しいと思ったんだ」

「ただやっぱり僕は、何らかの形でこの世界に関わり、みんなと連絡を取り合う方が好きだと思ったんだ。レースを家のソファで見るよりはね」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します